オリエント(漫画)64話最新話のネタバレ、あらすじと感想!65話考察も!

2019年10月16日発売の週刊少年マガジン46号を読みました!
オリエント最新話64話も読みましたので、早速ネタバレ、あらすじ感想をお届けしたいと思います。

Sponsored Links



前回は
黒い鉱石が飛び出し
自分が敵の手の者であることが露呈してしまったみちる。
自分は作られた存在。
父に逆らうことはできない。
でも・・・武蔵も放っておけない。
武蔵が黒曜の女神の宿主であることが龍臣に露呈してしまい、
武蔵を必死に守ろうとするみちるだが・・・

前回詳しくは
オリエントネタバレ

をご覧ください
これからネタバレが始まります。

その前に

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

こちらを利用すればマガジンを無料で読むことも出来ます!
U-NEXTでオリエント64話を含む週刊少年マガジン46号を無料で読む

オリエント(漫画)64話最新話のネタバレ、あらすじと感想!65話考察も!

次話ネタバレ更新
オリエント65話ネタバレ

では、早速行ってみましょう!

オリエント(漫画)64話最新話のネタバレ、あらすじ

上杉武士団の居城紫龍城。
そこで鬼神八岐大蛇の討伐を翌日に控え、盛大に決起集会が行われていた。

 

その盛大に人数。
凄まじいまでの熱気。
紫龍城の広場を人で覆いつくしている。

 

そこでおこなれる決起集会。

戦士を危険な戦地へ駆り立てるために不可欠なもの・・・
それは大儀と恩賞。

 

上杉武士団の総大将である上杉龍臣は今回の八岐大蛇退治に向け、
その大儀と恩賞をしっかりと用意していた。

 

ますは大儀。
日本の国土の大半を今や黒鬼神に支配されている。
この決起集会に参加する武士たちの中にも
故郷を鬼黒鬼神に奪われてしまったものも多くいる。

 

その・・・
一族の誇りと歴史を踏みにじられたままでいいのか・・・?

 

龍臣は群衆と化した武士団に向かってそう問いかける。
龍臣のその問いかけを聞いた時、群衆と化した武士団の目の色が変わる
特に故郷を奪われた尼子の表情は決意の色が滲んでいる。

 

そんな表情の変わった群衆に目を向け、
龍臣は

 

自分たちは黒鬼神から国を奪い返す!
そのための一歩こそ八岐大蛇の討伐である!
小鬼が喰らう養分は親鬼へ行き渡る。
八岐大蛇は黒鬼神の直接生み出した小鬼4匹の内の一体。
この直接生み出した小鬼をまず討伐すること。
それこそ黒鬼神討伐の第一歩となる!

 

群衆にそう堂々宣言する龍臣。
だが・・・武士団の一員たちは不安そうな顔を見せている者もいた・・・

 

八岐大蛇はもう150年誰も討伐していない。
自分たちに出来るのか?と・・・
それを不安に思っている者もたくさんいて・・・

 

Sponsored Links



続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です