ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)133話最新話のネタバレ、あらすじと感想!134話の考察も!

2019年10月28日発売の週刊少年ジャンプ48号を読みました!
ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)最新話133話も読みましたので、
早速ネタバレ、あらすじ感想をお届けしたいします。

Sponsored Links



前回は
うるかは朝成幸がセンター試験の時に助けた犬を散歩していた。
しばらくすると成幸も朝から散歩がてら単語帳を手に歩いていて・・・

合流して一緒に散歩するうるかと成幸。
しばらくすると
犬が勝手にボートに乗っているのに気が付いて・・・

前回詳しくは
ぼくたちは勉強ができないネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)133話最新話のネタバレと感想!134話の考察も!


次話ネタバレ公開
ぼく勉134話ネタバレ

では、早速行ってみましょう!

ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)133話最新話のネタバレ、あらすじ

放課後・・・部活を終えるソフトボール部員がグラウンドに散らばったボールを取りに奔走する。

球拾いは一年生の仕事。
早く帰るべく一年生の部員が急いでボール拾いをしていると・・・

丁度そこに通りかかった真冬が・・・

自分がやっておくから行きなさい

そう声を掛ける。

 

普段は怖いという噂があった桐須真冬先生。
その先生が柔らかい表情で球拾いを引き受けてくれて、生徒である自分たちを早く帰らせてくれる。

 

走り去る一年生部員は
優しくなった真冬の噂をしながら走り去っていって・・・

 

 

そんな真冬を遠くから見つめていた成幸は
自分も手伝うと真冬に声をかけ、率先して球拾いを始める。

 

黙って球拾いをする真冬に
成幸は

優しいんですね

 

そう声を掛けると
真冬は苦笑交じりの笑みを浮かべると
自己満足だとつぶやく。

 

自分が間違えた分、生徒たちには青春を送ってほしい・・・
だから・・・

 

懺悔とも願いともとれる真冬の言葉。
その想い・・・
それを良く知る成幸は何も言わずに真冬を見つめる。

 

そうしていると・・・

 

ぽつぽつポツ

と雨が降り始め、あっという間に本降りに・・・

ざああああああああああ

いきなりの豪雨に慌てて体育倉庫に逃げ込む成幸と真冬。

体育倉庫で

なんとか体育倉庫に逃げ込んだ成幸と真冬。

だが服はびしょぬれ
外は豪雨。
助けを呼ぼうにも
真冬のスマホは職員室。
成幸は故障中・・・

 

どうするべきか・・・
そう悩む成幸に
真冬はいきなり

 

脱いで

 

そう成幸にそっとつぶやく・・・
いきなりの真冬の発言に慌てる成幸・・・

真冬の意図は雨に濡れてびしょびしょになってしまったので濡れた服を脱げという意味で、
決して体育倉庫で如何わしい気持ちで言った言葉ではないのだが・・・

 

時期が時期だけに・・
季節は冬、しかも受験が控えている成幸が風邪でもひいたら困る。
そう思った真冬の行動だが・・・

 

流石に成幸も抵抗がある・・・
なんとか拒もうとするが・・・

暖房設備もない体育倉庫・・・
冷えた体でそのままでいたら二人ともどんどん寒くなっていって・・・

 

二人は仕方なく背中合わせになりながら
お互い濡れた服を脱ぐことに・・・

Sponsored Links



 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です