アクタージュ89話最新話のネタバレ、あらすじと感想!90話の考察も!

2019年11月11日発売の週刊少年ジャンプ50号を読みました!
アクタージュ最新話88話も読みましたので、早速ネタバレ、あらすじ感想をお届けします。

Sponsored Links



前回は
ドンドン存在感が増していく夜凪。
その夜凪に対して、目減りしていく王賀美の存在感。
それでも自分の存在感を活かした演技を辞めようとしない王賀美。
そんな彼の秘策・・・それは・・・
自分を正義の味方から悪人に格下げさせることで・・・

前回詳しくは
アクタージュネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

アクタージュ【89話】最新話のネタバレ、あらすじと感想!90話の考察も!

次話ネタバレ公開
アクタージュ90話ネタバレ

では、早速行ってみましょう!

アクタージュ【89話】最新話のネタバレとあらすじ

虐げられ怒れる女羅刹女。
夫である牛魔王にも、そしてやってきた孫悟空にも・・・

虐げられる。

可哀想な女、羅刹女。

 

王賀美が狙っていたのは、観客に羅刹女をそう思わせる存在にすること。
そして王賀美の目論見は成功する。

 

怒り・・それは・・・
悲鳴。

 

王賀美は悔し気に見上げてくる夜凪羅刹女を見下ろしながら、
舞台の稽古期間中に白石が市子に話していた事を思い出す。

 

10年前の償いが出来る。

 

でも・・・あの時・・・
アメリカに旅立つとき・・あの空港で・・・
白石に見送ってもらったあの時、
王賀美は怒っていたわけではなかった・・・

 

悲しんでいた・・・
それは・・今、目の前で羅刹女を必死に演じる夜凪の様に・・・

 

迫りくる悲しみを怒りに換えて・・・
悲しみを糧に怒りを燃やす。

 

夜凪が今、抱く怒り・・・それは・・・日本を終われた王賀美が持っていた怒り・・そして悲しみ・・・

 

それに気が付いた王賀美。
だからこそ・・・経験で夜凪の怒りの活かし方を知っている
自分が過去に活かせなかった怒りと悲しみを・・・
夜凪にはこの舞台で発散させてほしい。

 

その想いで孫悟空を演じる王賀美。
序盤の第一幕を王賀美は
自分の信念を貫いたまま、羅刹女を主人公に下から押し上げるように昇華させ、
自分の役割をしっかり演じきった王賀美。

 

舞台袖で観ていた花子はその驚愕すらしてしまうほどの王賀美の演技に感嘆の吐息を漏らしていて・・・

 

第一幕を終えた舞台羅刹女。
緞帳(どんちょう)が下りた舞台を観て、観客も興奮気味に前半の舞台の寸評を始めている。

 

夜凪を見に来ていた吉岡ら映研のメンバーも
夜凪の演技の凄まじさに興奮し、絶賛の声を漏らすも・・・

 

ひとり、朝陽ひなだけは・・・
夜凪の怒りに不自然を感じて・・心配な表情を見せていて・・・

Sponsored Links



 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です