ドメスティックな彼女(ドメカノ)253話最新話のネタバレ,あらすじと感想!254話の考察も!

2019年11月27日発売の週刊少年マガジン51号を読みました!
ドメスティックな彼女(ドメカノ)最新話253話も読みましたので、
早速ネタバレ、あらすじ感想をお届したいと思います。

Sponsored Links



前回は・・
ベンも処分され、ルイの心もだいぶ落ち着ていて来たころ、
アルはまだうだうだやっていた・・・
幼馴染で元カノのリリーに再会したいものの、
なかなか一歩が踏み出せない。
しかもアルは自分ひとりでリリーの元に行くのが怖いので
なんと夏生について来てくれるように頼んできて・・・

前回詳しくは
ドメスティックな彼女ネタバレ

これからドメスティックな彼女253話のネタバレが始まります。

その前に

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

こちらのサービスを使えば、無料で今週号のマガジンを読むことが出来ます!

U-NEXTでドメスティックな彼女(ドメカノ)253話を含む週刊少年マガジン52号を無料で読む

ドメスティックな彼女(ドメカノ)253話最新話のネタバレ、あらすじと感想!254話の考察も!

↓こちらもマンガが無料で読めますよ↓


次話ネタバレ公開
ドメカノ254話ネタバレ

では、早速いってみましょう!

ドメスティックな彼女(ドメカノ)253話最新話のネタバレ、あらすじ!

朝・・・
目が覚めたルイ・・・
衣服を全て脱ぎ捨てた姿のまま、ベットから起き上がると、
隣で眠っている夏生の顔を眺める。

その寝顔に笑みを浮かべて見つめるルイ。
朝陽を浴びて覚醒していく意識・・・
その朝陽を見つめながら、ふと顔を横に向けると
夏生との思い出のネックレスが・・・

何も身に着けていない肢体に
ネックレスをつけてほほ笑むルイ。

そんなルイの背中に声がかかる・・・

「おはよう」

寝起きの枯れた声でそうルイに声を掛けた夏生。

夏生のネックレスを嬉しそうにつけるルイ。
その姿を見られたことが恥ずかしいというルイだが・・・

夏生からは丸出しのお尻しか見えていなかった・・・

空港で

 

帰りの身支度を整えた夏生はルイの見送りで日本に帰国しようとしていた。

ルイから預かったネックレス。買った店で直してもらうと約束して、
夏生はルイと別れを済ませようとすると・・・

 

なにか言いたそうなルイ・・・

 

夏生がルイの話を促すと・・・
ルイは前日に夏生がしてくれたプロポーズの返事は待ってほしいと夏生に告げる。

 

そのルイの話に夏生は少し不安そうな表情を見せるが・・・

 

ルイはそういうことじゃないと夏生の思考を否定する。

 

自分は夏生にいつもしてもらってばかり、
だから自分から気持ちをきちんと示したい。

プロポーズは自分からしたい
そう夏生に告げるルイ・・・

研修を終え、
改めて自分から・・・

 

 

そう告げたルイに夏生は・・・

嬉しそうに

 

待っている

 

 

そう告げて機上の人となった・・・

 

 

その頃・・・陽菜は・・・

Sponsored Links



 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

15 件のコメント

  • おはようございます。
    ヒナ姉は指輪を海に捨てられなかったね。まだチャンスがあるかも!桃源先生…

    • こんばんは!
      最近は陽菜の描写が出るだけでびくっとしてしまいますね。
      見ているだけで辛い展開が多いので・・・

      ですが・・今回は・・桃源先生。
      肺を病んでいる描写は前々からありましたが、
      ここにきてもう衰弱して亡くなる寸前になっているとは思いもしませんでした。

      個人的な予測では
      夏生がいつものように桃源先生の元で手伝いをしている中で
      桃源先生が倒れるという展開を考えていましたが、
      まさか夏生が帰国し、陽菜にルイと付き合うからと断りの話を入れる寸前で連絡が入るとは・・・

      やはり一筋縄ではいかないですね。

  • 夜中に失礼します。

    最近、夏生とルイが再び恋仲関係が復活しそうな勢いで多くのルイ推しの人達が歓喜してるのが容易に想像がつきそうで、反面、私と管理人さんともちおさんをはじめとするヒナ推しにとってはなんだか胸が痛むような展開が続いてますね。

    前回は夏生からルイへプロポーズしたところまで進んだワケだけど、ルイの返事は「研修が終わって帰国してからあたしの方からしたい。」という事で、今は保留という事になりましたが、夏生にしてもルイにしてもその間に何があるか?わからないし、何らかの出来事によって事態が変わってくるかもわからないから、恋仲関係に戻れる保証がありませんね・・・⁉️

    心配なのがヒナ姉で、「ナツオ君が私よりルイを選んだ。」事によって前回はヤケ酒を飲みまくってたところで終わって、今回は未練を断ち切ろうとしてリングのペンダントを海へ投げ捨てようとするも、結局は捨てられなかったから、やっぱり諦め切れないんでしょうし、以前にもコメントした事があったと思いますが、夏生とヒナ姉はなんだかんだと言って腐れ縁だからね・・・。

    ヒナ姉は夏生からルイの近況を聞かされて、さらに追い討ちをかけるようにして「俺、ルイとヨリ戻す事にした。」と聞かされそうになりそうな時に夏生のスマホに蔦谷氏から着信があって、「桃源先生が危篤状態に陥っている」ような事を聞かされて、夏生とヒナ姉が急いでタクシーを拾って桃源先生が入院してる病院へと向かう展開になりましたが、これで、ヒナルート完全消滅の危機が間一髪間逃れて、悲しいかな桃源先生の余命があと僅かというところになって、桃源先生の夏生への遺言によってはヒナ姉にも夏生との恋仲関係復活への望みが繋がる可能性があるかもしれませんし、夏生にも再び小説が書けるようになる可能性も出てくるかもしれませんね。

    我々ヒナ推しにも望みが繋がるような展開を期待したいところです。

    • おはようございます!
      ルイとの結婚で陽菜にトドメを刺そうとしたタイミングで桃源先生の悲報が届きましたね。
      まだ陽菜にも可能性が残されていると信じたい状況。

      個人的に今後の展開として、
      桃源先生の病気でもうすでに余命がない状態というのは夏生に結構なショックを与えて、
      夏生は精神的に疲弊していくんじゃないかと思います。

      でもそのことをルイに言えない夏生は抱え込んでしまい、
      どんどん追い込まれる展開になっていく。
      それを役者としてなんとか発散しようとするも、
      どうしても精神的に蝕まれてしまって行って、
      それを近くで観ていた陽菜は一度だけと夏生に体を許し、夏生もそれに縋ってしまう。
      でも、その一度の行為で陽菜が妊娠してしまって・・・

      みたいな展開を勝手に想像してしまいました。
      夏生にとって桃源先生はそれほどまでに大きな存在だと思いますし、
      小説家として、物書きとして夏生を見守ってくれた師匠。
      それを失うという展開はかなり夏生を追い込んでしまうんじゃないかと思います。

  • おはようございます。夏生からヒナ姉にルイとの事を伝えられず桃源先生の悲報が伝えられた展開から考えて、ヒナ姉にはまだ可能性が残されてるよね。

    • おはようございます!
      先ほども書き込みましたが、

      桃源先生の死に夏生はショックを受け、精神的にかなり追い込まれてしまう・・・
      それを陽菜が近くで癒し、一度だけと体を許してしまう展開になって、陽菜が妊娠という展開になるんじゃないかと思うんですよね。

      精神的に追い込まれた夏生が、一度だけと陽菜に縋り・・・その結果・・・
      みたいな・・・

      当然ルイからすればそれはゆすれる行為じゃないし・・・
      みたいな泥沼になっていくんじゃないか・・・と予想しています。

  • こんばんは。夏生が精神的に落ちて慰めたヒナ姉と関係してしまってヒナ姉妊娠か…あるかもしれない

  • ルイが夏生からの求婚に対する返答を保留したことや、夏生がヒナにルイとの結婚について伝えようとしたところで蔦谷氏から電話がかかり話が中断されたことで、髪の毛一本分ヒナエンドの可能性も残存し、このまますんなりルイエンドにはいかない展開か。

    また、ルイが夏生とのペアリングを捨てようとしたができなかったことは、後々何らかのツールとして夏生も前にペアリングが登場し、夏生もヒナの本当の気持ちを知りったことで、ヒナをそのまま放置してルイと二人だけで幸せになる身勝手さについて再考を迫られる展開になることを希望します。

    ルイにも、ヒナが夏生を深く愛しているのに、夏生の将来の影響を断つため、断腸の思いで夏生からの求愛に完全にトドメを刺したことを知っていて、そのことを夏生に知らせないままヒナから夏生をとったことに対する罪悪感があったようです。アメリカで「恨みっこなし」といて別れたものの、仲の良かった姉妹の関係にもわだかまりは残ることになるのでは・・・ルイにその覚悟はあるのか・・・

    そもそも、なんで梶田はオーナーにヒナのことを伝えないのか? 後日ヒナから母親の都樹子にルイの件で相談はあるのか? そうなれば、ルイの意思とは関係なく、日本に強制的に戻される展開に。しかし流石さんはそうしないのならば、やはり日本でこれから、最近何かとヒナバッシングのストーリー展開に対する批判に応えるような最後のヒナターンの展開も期待されるところか。

    恐らく夏生が小説家として復活する場合、管理人さんの意見に賛同し、ヒナが大きく影響するものと思われます。夏生の小説はストーリー性のある面白い展開よりも、人間の心にヒダに触れる部分の微細な描写を大切にし、読む人に感動を与える展開を目指しているようです。桃源先生やヒナ、ルイといった身近に起きた事件を題材にして素晴らしい小説を書くきっかけになることを期待します。

    それにしても、253話が前回のヒナがやけ酒を飲んでいる場面から、事態が更なる悪化へと向かう場面でつながらなくてホッとしています。
    ヒナのペアリングのシーンは、ルイが大島で夏生がヒナに元に走ったとき、夏生から貰って大事にしていたへアピンを投げ捨てようとして捨てられなかったシーンを彷彿とさせます。夏生は結局このペアリングをきっかけにして、ルイへの愛を選択する道を選びましたね。今回もリフレーンを繰り返すならヒナターンも期待できそうなのですが・・・

    • こんにちは!
      ルイの結婚の返事保留、陽菜にルイとのことを告白しようとした瞬間に桃源先生の悲報と
      ルイ、陽菜、夏生の三角関係がギリギリで破綻しない状態を維持していますね。

      夏生もヒナの本当の気持ちを知りったことで、ヒナをそのまま放置してルイと二人だけで幸せになる身勝手さについて再考を迫られる展開になる

      この展開もありそうですね。
      夏生と陽菜。
      ルイと夏生があの月のネックレスで繋がっていたように、陽菜も夏生とペアリングでかつて繋がっていました。
      そのペアリングを捨てることが出来ない陽菜。
      このペアリングを陽菜が大事に持っていることを知った夏生が、
      その時にどんな感情をもつのか・・・

      ココ重要ですね。


      ルイと陽菜の関係も今後大きな波紋を産みそうですし、
      陽菜にとっては夏生のことを愛しているとルイに告白した直後に
      ルイと夏生が良い仲になっています。

      これをルイが何も思わないはずがありません。
      心のどこかに蟠りとしてあるかもしれませんね。


      ルイの意思とは関係なく、日本に強制的に戻される展開
      は当初からコメント欄で皆さんがおっしゃっていた展開なんですが、
      結局ルイの職場のでパワハラや日本帰国は全く触れられず夏生もアメリカから帰国してしまいました。
      ごろんさんは陽菜ターンもあるという予想をされていますが、
      個人的にも流石先生は、今後の展開としてルイが日本にいると不都合な展開があるのではないか・・・

      ではそれがなんなのか・・・
      という点を考えて、陽菜が夏生の子供を・・・

      という展開もあるのではないか・・・
      と予想しています。

      今後のドメカノはおそらく橘姉妹と夏生。という感じになっていくと思います。
      この姉妹が夏生とどう絡み、どうなっていくのか・・・・
      濃厚な三角関係をまずは描いてほしいなぁ・・とか思っているんですが・・・

  • こんばんわ!夏生はルイにって心に決めたとは思うんだけど、行動に移せなかったのが大きいね。夏生はルイにプロポーズしたけれど、ルイはプロポーズを保留して、ヒナ姉にはルイと結婚しようと思ってる事を言おうとしたけど、桃源先生のことで言えなかった。結局夏生的にはルイともヒナ姉とも関係が心理上は変わったと思うけど、表面上は以前のまま。この状態なのが大きいと思う。流石先生が今後この関係をどう描いてくれるのか…マジで気になってます。

    • おはようございます!
      確かにルイか陽菜・・・夏生はルイに心を決めた感ありますけど、
      ルイからは保留されてるし、陽菜には告げられてないし・・・
      この状態しばらく続くかもしれませんね。

  • 夜中に失礼します。

    夏生は現在大学2年生だし、卒業まで早くて2年あまりだから、結婚するのはまだ先の話になりそうだと思います。それに、ルイの為に渡米したから貯金を使い果たしたようだし、時期的な事や充分な収入を得られるメドが立ってない等の要因から結婚を急ぐ必要がないんじゃないか?と私は思いますが、どうなんでしょうね・・・⁉️

    たしか、夏生が高校時代にお父さんから「大学くらいは出とけ」と言われたと思いますが、大学を中退するとなると、特にお父さんが断固として認めないと思いますし、大学在学中に結婚するなんとんでもない話だと思いますから、今はヒナ姉かルイのどちらか?を選ぶのはまだ早いような気がします。

    前回は夏生が蔦谷氏から知らせを受けてヒナ姉と急いで病院まで行って、師と仰ぐ桃源先生が余命あと僅かのところで終わりましたが、桃源先生が夏生にどのような遺言を残していくか?桃源先生の亡き後の遺産相続や財産分与等の問題はどうなるか?等が焦点となりそうですね。
    次回は桃源先生が夏生とヒナ姉に看取られてそのまま息を引き取るシーンか予想されますが、息を引き取る前後に蔦谷氏あたりも病院へ駆けつけるのではないか?と思われますし、そこで、ヒナ姉と蔦谷氏が初顔合わせを果たす事になり、夏生はもちろん、ヒナ姉と蔦谷氏との間でどんな会話か繰り広げられるか?か興味があります。

    仮説ではありますが、桃源先生亡き後は夏生にとってもお通夜や葬儀等で何かと多忙になってくると思われますし、ヒナ姉も「私も何かお手伝いがしたい。」と申し出ると思われますから、夏生とヒナ姉が再び距離を縮めるキッカケになる可能性がありそうかもしれませんね。

    桃源先生のお通夜と葬儀には誰か参列するか?もすごく興味がありますし、夏生と蔦谷氏はもちろんだけど、他には、(夏生にとってトラウマの元凶となった)編集長をはじめとする新虹社の社員一同や多くの文学関係者や桐谷先生や梅田百合さん❪キャバ嬢時代の源氏名は「樹里」❫等も参列するのではないか?と思われますし、定かではないけど、実の娘である榊華先輩も参列すればいいなぁ・・・と思いますね。桃源先生の前妻(榊華先輩の母)は参列するかどうか?はわかりませんが・・・⁉️
    また、桃源先生のお通夜と葬儀でこれまで共演した事がなかった登場人物同士の共演もあるかもしれないから、そちらの方も興味があります。

    どうでもいいけど、ルイと桃源先生が共演を果たせずじまいになりそうです。

    • おはようございます!
      そういえば夏生ってまだ大学2年生なんですよね。
      大学二年生だったら結婚って早いと思いますし、夏生はまだ仕事も決まっていない。
      小説も書けるのかわからないし、俳優としてもプロとしてやっていくのは難しい。
      ルイにしても、まだ料理人としては修行中の身だし、
      夏生を養っていけるほどの財力はないですし、
      味覚障害も完全に治るかわからないです。

      結婚の文字が躍るのはまだ早いですよね。

      何度も言いますが、仮に夏生が小説家を目指すのであれば、財力のある陽菜が支えた方が安定しますし・・・
      やはり陽菜・・・
      陽菜ファンとしてはそう思ってしまいますね・・・

      今後、桃源先生は息を引き取る展開になると思います。
      その葬儀の時、桃源先生が今まで取材した人たちが参列する展開になるかもしれません。

      樹里さんも参列するだろうし、そのほかに人生で色々味わった人たちが桃源先生を慕って集まってくる可能性があるかも・・・
      そういう人達と出会う事によって夏生がどんな想いを抱き、成長するのか・・・

      その成長を見守るのはルイが帰国しない限り陽菜の役割になるはずです。


      夏生とヒナ姉が再び距離を縮めるキッカケになる可能性がありそう

      Yujiさんの仰る通り、この展開に期待しています。

  • こんちわ。次回はおそらく桃源先生の最期ですよね。桐谷先生と並んで夏生に小説家として偉大な背中を見せつけた巨匠であり師匠。桃源先生の最期に夏生が何を感じるのか…。華先輩や樹里さんと再会(?)する中で今までと違う何かを感じて欲しいと思いますね。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です