アクタージュ92話最新話のネタバレ、あらすじと感想!93話の考察も!

2019年12月2日発売の週刊少年ジャンプ1号を読みました!
アクタージュ最新話92話も読みましたので、早速ネタバレ、あらすじ感想をお届けします。

Sponsored Links



前回は・・・
飛び出した武光と市子。
全てのキャストが揃った舞台「羅刹女」
だが・・・その中で武光は違和感を覚え始める。
それは、夜凪が自分を見ていない事。
演技をしている中で夜凪の視線の中に自分が入ってない・・・
それに気が付いた武光は・・・

前回詳しくは
アクタージュネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

アクタージュ【91話】最新話のネタバレ、あらすじと感想!92話の考察も!

次話ネタバレ公開
アクタージュ93話ネタバレ

では、早速行ってみましょう!

アクタージュ【92話】最新話のネタバレとあらすじ

怒りを燃やす羅刹女。
その怒りを発散させる夜凪に・・・

舞台上の人間が凍り付く・・・
その怒りの存在感。持っている魔性の雰囲気。人あらざる者と対峙しているかの様な・・・そんな違和感。
それを抱えながら舞台に立ち続ける武光、市子、そして白石。

 

羅刹女の怒り・・・
それは三蔵へと向いていた。
自分のあふれ出る怒りの炎。
それを沈めろと平然と言ってのけた坊主が・・・

その存在自体がもはや目障り・・・
羅刹女が三蔵に向かって進みだす・・・

 

その羅刹女の導線上にいた八戒演じる武光など
目もくれない・・・

 

羅刹女の視線に八戒は入っていない・・・

 

走り出す羅刹女・・・
羅刹女は八戒に一瞥すらくれずに払いのけると・・・
そのまま三蔵に向かっていく・・・

 

その事実を八戒演じる武光は冷静に見ていた・・・
まるで自分が舞台に立っているのに、タカの目で俯瞰して舞台を観ているかの様な感覚。

 

三蔵演じる白石の元に向かう夜凪演じる羅刹女。
自分を払いのけるまで夜凪は自分に全く目もくれなかった・・・

 

それに気が付いた武光・・・
自分が夜凪と並び立って、高めあう仲間だと公言していながら、
いつしか夜凪に憧れを抱いていたことを断った今思い知った・・・

 

 

 

羅刹女と八戒、沙悟浄の立ち回りが続く・・・
派手な立ち回り・・・派手に倒れる武光。
だが・・・

その芝居を観に来ていた武光の仲間達は気が付いてしまう。
武光の技術は上がっている・・・
なのに・・・
なのに・・・思ってしまう・・・

 

武光はこんなにも小さい芝居をする奴だったか?

 

 

と・・・

 

散々立ち回りを演じての舞台転換。
三蔵、八戒、沙悟浄が一端ら羅刹女の元から退避して
状況を立て直すために撤退を選択。

 

沙悟浄に背負われるように退場していく八戒である武光。

 

逃げていく八戒達を見つめる夜凪を
背中越しに見つめる武光は・・・

 

夜凪と同じ舞台に立って感じていた
自分の現状の立ち位置を冷静に俯瞰していた・・・

 

夜凪は自分から遠ざかっていったわけではなく・・・
自分と夜凪の立ち位置がこんなにも遠く感じるのは・・・

 

自分が夜凪から遠ざかったからなのだと・・・

 

Sponsored Links



 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です