アクタージュ96話最新話のネタバレ情報!!

2020年1月4日に発売する週刊少年ジャンプ6,7合併号に搭載予定のアクタージュ96話

Sponsored Links



舞台『羅刹女』ももうクライマックス。
サイド甲の夜凪たちの物語は終盤に差し掛かってきています。

今回は少しこれまでのエピソードを整理して今後の展開を考察していきたいと思います!
ちなみに最新話96話の前話、95話のネタバレや考察は

こちらからどうぞ!!
アクタージュネタバレ

考察の前に

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

↓こちらもマンガが無料で読めますよ↓


※誤って今回のアクタージュ最新話96話のネタバレ考察記事に来てしまった方は、ネタバレや考察記事が苦手な方はお戻りくださるようお願いします!

では行ってみましょう!

アクタージュ最新話96話ネタバレ考察

では早速いってみましょう!
まず主要人物のおさらい

夜凪景
主人公で現在舞台『羅刹女』のタイトルロールを演じているt=”_blank” rel=”noopener”>アクタージュネタバレ

考察の前に

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

↓こちらもマンガが無料で読めますよ↓


※誤って今回のアクタージュ最新話96話のネタバレ考察記事に来てしまった方は、ネタバレや考察記事が苦手な方はお戻りくださるようお願いします!

では行ってみましょう!

アクタージュ最新話96話ネタバレ考察

では早速いってみましょう!
まず主要人物のおさらい

夜凪景
主人公で現在舞台『羅刹女』のタイトルロールを演じている。
本番直前に脚本家でありサイド甲の演出家である山野上花子に不倫関係であったことを暴露され、
怒りが爆発!

夜凪の母親が亡くなる直前にも一緒にいたことを暴露され
怒りが収まらなくなるが
その怒りを舞台『羅刹女』に活かし圧倒的な羅刹女を演じている。
物語終盤に差し掛かってその怒りを納めなければならないシーンにおいてどうするのか・・・

 

王賀美陸
舞台『羅刹女』でサイド甲の助演。孫悟空役
元々あっとうてきな存在感を放つ主演俳優でこんかい日本で初めて助演を演じることになる。
稽古時は夜凪をも圧倒するほどの存在感を発揮し、夜凪を悩ませるものの、
本番前の花子の暴露で夜凪の怒りが爆発したことでその存在感が上書きされ
王賀美自身が夜凪の存在感に対抗するのに苦労するようになる。

舞台の中で様々な経験を活かし、怒れる夜凪を支えながらなんとか舞台終盤までもってきた。

 

白石宗
ミフネ倶楽部所属のベテラン俳優。38歳。10年前に、出演映画の撮影中に偶然映り込んだ、まだ素人だった王賀美陸と遭遇。素人ながら圧倒的な存在感を放つ王賀美がスターになっていくのを見守っていたが、王賀美が日本に不満をもち、渡米する際に王賀美の傍でなんの力にもなれなかったことを悔やんでいた。今回の舞台で王賀美が渡米後に初めて共演することでその贖罪を望んでいた。「羅刹女」で夜凪側に参加している。役柄は三蔵法師。
舞台の終盤。三蔵の説法で羅刹女は怒りを開放することになっているのだが・・・
はたして・・・

烏山武光
体も声も大きいことを信条とする俳優。役者として売れるために、ほんの少しのチャンスでも逃さないように声を大きく、ハキハキと話すなどのアピールをすることを心掛けている。「デスアイランド」のオーディションで夜凪と同じ組になって演技をした縁で夜凪と一緒に成長することを誓っていたが、羅刹女での夜凪の覚醒を面食らい、夜凪を支えることを目標にしようとしていた。しかし、夜凪が現状の武光の演技では目もくれない事を実感した武光は、その舞台で覚醒。
自分の存在感を高め、夜凪に注目されるようにその舞台で輝き始める。

朝野市子
夜凪側の沙悟浄役。元々運よくとんとん拍子に俳優の世界で出世していったこともあり、
自分が才能あふれる俳優ではないことを理解していて、自分の役割をきちんと理解していた。
しかし、目の前でいきなり覚醒した同じ<才能がない側>の人間であるはずだった武光が覚醒したことで発奮し
自分自身も覚醒。
荒ぶる夜凪が暴れる舞台で存在感を発揮していくようになる。

 

山野上花子
舞台羅刹女の脚本家でサイド甲の演出家。
元々夜凪の父親と不倫関係にあった。
学生のころから人とは違う世界に生きていて、孤独だった。
その孤独を初めて埋めてくれた夜凪の父親を慕っていたが、結局自分の元を去ってしまった事で怒りが抑えられなくなり、
以降何を描いても炎が燃え盛る絵しか描けなくなっていた。

羅刹女はそんな自分の怒りを描いた作品であり、
夜凪にその怒りをどう鎮めるのか・・・
注目している。

 

他にも千世子や阿良也、黒山などいますが、このサイド甲には関係なさそうなので割愛します。

Sponsored Links



 

アクタージュ96話今後の展開!

さてアクタージュ今後の展開ですが・・・
怒りを抑えなければならない場面に差し掛かっても夜凪にはその怒りの納め方がわからない。

視線を逸らせばすぐ舞台袖には憎き山野上花子がじっと自分を見つめている。
その状況の中で怒りを抑える。

それは現状の夜凪には無理なことです。

ここで重要なカギを握るのはベテラン俳優である白石宗。

彼が実際三蔵として羅刹女である夜凪の怒りを抑えるべく演技するのですが、
夜凪の怒りの源になっているのは、山野上花子に対する本物の怒り。

演技でセリフ通りに三蔵を演じても夜凪の怒りを抑えることは不可能な状態で
白石はどうするのか・・・

脚本上においてセリフの変更は禁止されています。
白石はセリフそのままに演技で夜凪の怒りを抑えるように持っていかなければなりません。

夜凪の怒りを抑えるという事はすなわち
夜凪の中に存在する、母が亡くなった時の幼い夜凪を説得するという事。

 

白石は演技で夜凪の怒りを抑えることができるのか・・・
はたして・・・

 

次回アクタージュ96話は
2020年1月4日発売の週刊少年マガジン6,7合併号に搭載予定です!

 

 

 

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です