ヒットマン(漫画)75話最新話のネタバレ、あらすじと感想!76話の考察も!

2020年1月8日発売の週刊少年マガジン6号を読みました!
瀬尾公治先生の漫画作品ヒットマンの最新話75話も読みましたので、
早速ネタバレ、あらすじと感想をお届けしたいと思います。

Sponsored Links



前回は
翼のアニメ化に伴い、企画会議をするものの、
実は翼のアニメ自体が島風のアニメ化に伴うバーターだと判明し
予算がほとんど割かれていないことが発覚。

新人監督に少数の人員でアニメを制作することになり、
微妙な表情をする龍之介。
だが・・・監督、脚本を担当する新人が
実は翼の作品の熱心なファンであることがわかって・・・

前回詳しくは
ヒットマンネタバレ

をご覧ください!

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

こちらを利用すればマガジンを無料で読むことも出来ます!
U-NEXTでヒットマン75話を含む週刊少年マガジン6号を無料で読む

ヒットマン(漫画)75話最新話のネタバレ、あらすじと感想!76話の考察も!



次話ネタバレ公開
ヒットマン76話ネタバレ

では、早速行ってみましょう!

ヒットマン(漫画)75話最新話のネタバレ、あらすじ

別作品の企画会議・・・
ライツの立石は原作者に対して猛烈に抗議の声をあげていた。

元々ヒロインの声優に新人が決定していたのを原作者がパッケージ会社に押されて変更していた・・・

 

その事に猛烈に声を上げる立石。

 

無名の声優じゃアニメファンが食いつかない・・・
パッケージ会社が伝家の宝刀文句で原作者を説得した結果、
人気声優がヒロイン役に決定してしまっていた。

だが・・立石的にはヒロインのイメージを考えると絶対に新人の声優で・・・

 

そのことを原作者に訴える立石。
しかし、立石の隣に座っていたパッケージ会社のスタッフが立石にイラついた様子で

 

もう時代が違う・・・
年間の無数のアニメが放映されている中で、
その中でも少しでも売るためにはどれだけ人気のキャストを固めるかにかかっている・・・

 

ヒロインを新人にやらせるなんて博打が討てるわけない

 

そう立石は言われて・・・何も言えなくなってしまい・・・

 

 

立石は企画会議後に喫煙室でたそがれていた・・・

 

どう考えても博打・・・

新人と一緒に爆死は原作者だってしたくない。


吸い込んだ煙を勢いよく吐き出す・・・そこに溜息も含まれていることを自覚しながら
たそがれる立石・・・

そこにスタッフが立石を呼びに来る。
次は小鳥遊翼のアニメ化のアフレコオーディションで・・・

 

翼を伴ってアフレコ現場にやってきた龍之介。
だが・・・聴いていたスケジュールに比べて進行が早い事に

音響監督の玉木に聞いてみると・・・

 

放映が半年後に決まっている。こんなスケジュールはメチャクチャだ・・・さらにレコード会社も決まっていなければ出資金も集まっていない状態・・・

逆に大丈夫なのか?と返されてしまい龍之介と翼は白い目でその質問をやり過ごす・・・

 

そこに立石がやってきて・・・


Sponsored Links




続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です