オリエント(漫画)73話最新話のネタバレ、あらすじと感想!74話考察も!

2020年1月15日発売の週刊少年マガジン7号を読みました!
オリエント最新話73話も読みましたので、早速ネタバレ、あらすじ感想をお届けしたいと思います。

Sponsored Links


前回は
紫龍城を襲った犬飼四朗と犬川清六
奇襲で当主上杉竜臣を打ち取ってしまった犬飼は
そのまま上杉軍に襲い掛かる。
清六の力で繋ぐ力を失った上杉軍はもはや勝ち目はなくて・・・

前回詳しくは
オリエントネタバレ

をご覧ください
これからネタバレが始まります。

その前に

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

こちらを利用すればマガジンを無料で読むことも出来ます!
U-NEXTでオリエント73話を含む週刊少年マガジン7号を無料で読む

オリエント(漫画)73話最新話のネタバレ、あらすじと感想!74話考察も!

では、早速行ってみましょう!

 

オリエント(漫画)73話最新話のネタバレ、あらすじ

紫龍城に討伐予定だった八岐大蛇が上陸。
襲い掛かってくる。

竜の口から放たれるエネルギーの固まり。
その威力に紫龍城はどんどん崩壊していく。

なんとか体勢を立て直そうと必死な直江は
まずは領民を地下壕に逃がすように指示を出す。

しかし、予想していない奇襲にさらに当主である上杉竜臣の死。

上杉軍の軍勢は動揺から練度がどんどん落ちていく。

 

それでもなんとか立て直そうと躍起になる直江の前に
犬川清六が立ちふさがる。

 

糸の様な鬼鉄刀をかざす犬川。
その鬼鉄刀の戦い方が見た目では理解できなかった直江は・・・

 

あっという間に体を切り刻まれていく。

 

裂創割創挫滅創

 

傷みで気絶するような箇所をどんどん切り刻んでいく犬川。
それでも倒れない直江は前を向く・・・

その直江に・・・
お前の首は俺がとる

 

そう言って挑んでいく犬川。

 

そんな中、天守から地上戦を見守っていた犬飼は、
突如紫龍城を守っていた結界に亀裂が入って行くのを見つける。

 

その亀裂を見つめていると、四つ割り菱の紋が見えてくる。

その紋を持っているのは武田軍。

いきなり紫龍城が襲撃されたことから、援軍として駆けつけた武田の軍勢。
その武田の軍勢の大将、武田尚虎が犬飼四朗と対峙する。

 

竜臣を探して城内に入ってきた尚虎だが、四朗に打ち取られたことを知ると
四朗に向かって鬼鉄刀を構える。

 

直江、清六
尚虎、四朗

二つの戦いの火ぶたが切って落とされようとしていた・・・

 

その頃・・・

もう一人の黒曜の一味の八咫郎と戦っていた武蔵は・・・

 

必至に八咫郎と鍔迫り合いを演じていた。
勢いに任せてふるう刀。
その攻撃をことごとく八咫郎は受けとめる。

 

みちるの記憶をリセットされて怒りで我を忘れて八咫郎に襲い掛かる武蔵。

 

しかし、・・・

Sponsored Links



 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です