アクタージュ100話最新話のネタバレ、あらすじと感想!101話の考察も!

2020年2月11日発売の週刊少年ジャンプ11号を読みました!
アクタージュ最新話100話も読みましたので、早速ネタバレ、あらすじ感想をお届けします。

Sponsored Links


前回は
舞台羅刹女
夜凪たちが出演するサイド甲は圧倒的な夜凪の存在感と
最後に垣間見た覚醒で終わりを迎えた。
夜凪の覚醒で千世子は勝てないことを確信するが・・・
その千世子の様子を見た黒山は・・・

前回詳しくは
アクタージュネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

アクタージュ【100話】最新話のネタバレ、あらすじと感想!101話の考察も!

次話ネタバレ公開
アクタージュ101話ネタバレ

では、早速行ってみましょう!

アクタージュ【100話】最新話のネタバレとあらすじ

千世子達サイド乙のメンバーに
千世子の事務所の社長である星アリサにさらに映画監督の手塚まで呼んで映画館にやってきた黒山。

見に来た映画は・・・
デスアイランド・・・
夜凪と千世子が共演した作品で大ヒット中の作品であり、
監督は手塚が務めた作品。

それを見に来た黒山。
千世子は黒山がなぜこの映画を観に連れてきたのかわからない。

 

自分はもう夜凪に負けている。

造花は生け花には敵わない

 

そう主張し家に帰ろうとする千世子だが・・・
星アリサは千世子に・・・

まだ見てないものがある・・・

そう言って無理やり映画館の中に連れて行って・・・

 

席に座ると・・満員御礼・・・
劇場一杯に人がびっしりと入っており・・・

そんな劇場の様子なのに千世子の姿はやはり参っている・・・

 

千世子の頭の中には夜凪が見せた圧倒的な演技で締められていて、
そして・・・それに自分が打ち勝つことが出来ないという事実だけが残っていた。

 

そんな落ち込む千世子に
阿良也は、映画館にウキウキした様子で・・・千世子に何気なくぼそっと・・・

 

あんたの作品を見るのは初めてだ・・・

 

そう告げる・・・

 

千世子以外はなぜか全く蚊帳の外にいるかの様な状態。

そんな状態の中・・・映画デスアイランドが始まると・・・

 

千世子は嫌でも・・・・自分と・・そして夜凪景を比較してしまう。

 

映画のキャラクターではなく、あくまで千世子自身が世間から求められる表情をしてしまう。
映画では全くと言って良いほど浮いている・・・

そして・・嫌でも目がいってしまう夜凪景の存在感。

 

星アキラは言った・・・
舞台は良いと・・・裸になれる・・・役者自身が・・・

 

でも・・・

 

自分は・・・

千世子はその場に居たたまれなくなって席を立ち・・・
映画館で出て行こうとすると・・・
阿良也は・・・そんな千世子の手を取り・・・

自分の膝の上に引き倒すように引き付けて・・・

Sponsored Links



 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です