アクタージュ102話最新話のネタバレ、あらすじと感想!103話の考察も!

2020年2月22日発売の週刊少年ジャンプ13号を読みました!
アクタージュ最新話102話も読みましたので、早速ネタバレ、あらすじ感想をお届けします。

Sponsored Links


前回は
サイド甲の舞台が終了。
怒りで塗れた夜凪の感情に
許しが加わる事で最後の幕切れは花子の想定とは違うモノになった。
その花子と家でサシで話すことになった夜凪。

夜凪は花子に・・

前回詳しくは

アクタージュネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

アクタージュ【102話】最新話のネタバレ、あらすじと感想!103話の考察も!

次話ネタバレ公開
アクタージュ103話ネタバレ

では、早速行ってみましょう!

アクタージュ【102話】最新話のネタバレとあらすじ

テレビのみつめるサイド甲の面々・・・
その内容は・・・

王賀美陸が主演女優である夜凪景の芝居を妨害したというもので・・・

夜凪がその場で泣き崩れてしまったことで
その直前に夜凪の台本通りに平凡に演じるという愚行と止めた王賀美に焦点があたってしまっていた。

王賀美は今回の舞台で主演時女優を泣かせてしまったという報道でいくつか決まっていた映画の話も流れてしまったと報道されてうぃた。

夜凪はその報道を見て王賀美を方を見る。
自分を救ってくれるために王賀美がしてくれた好意・・・
それを夜凪は理解している。

うずくまってしまったのは自分が未熟故の事。

夜凪はそう思っている。

だからこそ・・・今回の件で王賀美に迷惑をかけてしまっていると夜凪は思った・・・

 

しかし、王賀美は報道される番組を見つめながら夜凪に目を合わせようともせずに・・・

映画は検討中だったものがなくなっただけ・・・
自分たちが謝るべきは観客だけだ・・・

 

 

夜凪は王賀美の言葉を噛みしめるが・・・
脳裏によぎる千世子の存在。

 

謝るべきは・・・観客だけじゃない・・・
どっちの芝居が上なのか・・・

 

千世子と自分の勝負。
千世子は努力に努力を重ね、自分の方が上であるという証明の為に・・・
存在理由のために力を振り絞っていことを夜凪は知っていた。

それを自分は台無しにしてしまった。

そう意識が夜凪にはあって・・・

 

 

一方その頃・・・
星アリサは現状に悲観していた・・

 

王賀美陸は自分に才能があってもアジア人であるという事実がハリウッドでの役どころの少なさに苦労していたという・・・
今回での日本での復帰は願ったりかなったりであったはず・・・
なのに・・・それを棒に振るような結果になってしまっている。

 

王賀美を救おうとすると千世子が追い込まれ
千世子を救おうとすると王賀美が追い込まれる・・・

皮肉な現実。

それでも星アリサは王賀美と千世子・・・
両方にチャンスが巡ってくるように願っていた・・・

それが傲慢だと自分でも理解していながらも・・・

 

その星アリサの独白を一人聞いていた手塚は・・・
星アリサの傲慢を一人で否定している人物がいると・・話し出して・・・

Sponsored Links



 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です