ドメスティックな彼女(ドメカノ)271話最新話のネタバレ,あらすじと感想!272話の考察も!

2020年4月28日発売の週刊少年マガジン22,23号を読みました!
ドメスティックな彼女(ドメカノ)最新話271話も読みましたので、
早速ネタバレ、あらすじ感想をお届したいと思います。

Sponsored Links



前回は
小椚の記事が週刊誌に搭載されるのを阻止することに成功した陽菜。
平穏な日々が戻ってくる。
そんな思いで過ごす中・・・

陽菜に恨みを抱いた小椚は・・・

前回詳しくは

ドメスティックな彼女ネタバレ

これからドメスティックな彼女271話のネタバレが始まります。

その前に

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

こちらのサービスを使えば、無料で今週号のマガジンを読むことが出来ます!

U-NEXTでドメスティックな彼女(ドメカノ)271話を含む週刊少年マガジン22,23号を無料で読む

ドメスティックな彼女(ドメカノ)271話最新話のネタバレ、あらすじと感想!272話の考察も!

↓こちらもマンガが無料で読めますよ↓



次話ネタバレ公開
ドメカノ272話ネタバレ


では、早速いってみましょう!

ドメスティックな彼女(ドメカノ)271最新話のネタバレ、あらすじ!

夕食の用意をする都樹子・・・

ルイと陽菜は外で食事を取ってくるという・・・
プロの料理人であるルイがいない食卓を任されてい都樹子はいつになく張り切っていた・・・
夫と夏生が夕食の卓につくと・・・

そこにルイから都樹子に電話がかかってくる・・・
その電話に都樹子が出ると・・・

その表情は一変して・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

夏生たちが病院にたどり着くと・・・
ルイは病院のベンチにもたれかかるように座っていて・・・
その目は虚空を見つめている。

 

信じられない・・・
これは現実じゃない・・・

必死にそう自分に言い聞かせているかのような・・・
そんな表情・・・

 

そんなルイに我さきにと都樹子が・・・

 

陽菜はどうしてるの?

 

必死の形相で陽菜の様子をルイに問う。

 

ルイは何も言わず、
指だけを指し示すと・・・

その先に表示されていたのは・・・

 

 

手術中

 

というランプ。

 

夏生は茫然とその手術中というランプを見つめる。
すると・・・

ルイが夏生の着ていたジャケットを引っ張り・・・

 

大丈夫だよね?
今の医療は進んでるし・・・こんなことで・・・死んだりしないよね?

 

縋りつく様なルイ・・・
その弱弱しい眼差しを受けた夏生は・・・

自分の不安な気持ちを必死に押し隠し、

大丈夫に決まってる

 

それだけ言うのがやっとだった・・・

 

 

 

♢ ♢ ♢ ♢

 

時間は刻一刻と過ぎていく・・・
もう藤井家の人間は何も語らずに手術が無事に終わる事だけを願っていた・・・

 

そんな中でもルイはどんどん憔悴していく・・・
お腹の子供のことを考えてもこの状況はよくない・・・
夏生はルイに少し横になる事を勧めるが・・・

 

ルイは首を横に振り、
手術室の前から動こうとしない・・・

 

夏生はその場の空気から逃れるように病院のラウンジに来て外を眺める。

 

外の景色を眺めているのに
夏生の脳裏には陽菜が・・・

 

自分を抱きしめる陽菜の姿が去来していて・・・

 

そんな中、
夏生のスマホに蔦谷から連絡が入る・・・

 

その電話に出ると・・・
約束の打ち合わせのことを蔦谷が夏生に催促してくるが・・・

今はそれどころではない・・・

夏生は蔦谷に事情を話し、
現状を伝えた・・・

Sponsored Links



 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

42 件のコメント

      • こんばんは!

        ほんとに許せませんね・・・記憶喪失であれば・・・まだ・・・
        目を覚まさない展開はちょっと・・・

    • こんばんは、
      コメントありがとうございます。

      記憶喪失はありそうですね。
      ホントに陽菜には幸せになって欲しい。
      それを壊す輩は許せませんね。

  • 毎回、読者の感情を揺さぶるポイントで連載を継続している点で、流石先生的にはセオリーに忠実なのでしょう。ただ、明かされたくなかった過去の情事、夏生の将来を奪うスキャンダル、陽菜を襲う悲劇的な交通事故。特に陽菜は2度にわたり命を狙われたことになるわけで、「ありえない程の負の感情の連続」となっている。負の感情の繰り返しに対して当然に、流石先生はかなり綿密にエンディングを推敲しているものと考えられるので、すべての読者に対し、負の感情のままでエンディングを終わらせることは無いと考える。

    陽菜が轢死した場合は、橘陽菜というヒロインの存在理由が問われ、ドメカノ自体の作品価値に大きく影響しただろうがそれはなかったのでホッとしている。考えられる残りの選択肢は、①植物状態、②記憶喪失、③身体に障害残るが回復、④何の障害もなく回復といったところか。①ならCeepなendingで,どんな正の感情イベントを持って来てもここまで膨らまされた読者の負の感情は払拭されない。④では瑠依の結婚との折り合いをつけるのが困難なので考えずらい。②と③は瑠依との関係をどうするかで指示できるもののどうするのかは全く予測できない。これから先の展開は、なのも考えず、流石先生の展開に素直に身を任せるのが好いのだろうが、どうにも気になって仕方がない。ただ、これからの展開次第で、名作となるか否かが決まるのは確かだと思う。

    • こんばんは!
      確かにここ最近のドメカノは
      ほんとに負の感情を抱かせる展開が続いていますね。

      個人的には
      海咲の展開あたりからずっと暗い展開が多かった感じがしています。

      個人的に陽菜ファンなので、
      陽菜が上手く行っていないからずっとそう思ってるのかもしれませんが・・・

      ここで陽菜にこんな試練を与えるのかぁ・・・
      と思う展開になっていますね。

      GORONさんが仰る展開

      ①植物状態、②記憶喪失、③身体に障害残るが回復、④何の障害もなく回復

      個人的に一番最初に想像できたのは・・・
      実は1番の植物状態です。

      頭を負傷して体に障害が残るパターンって・・・
      記憶喪失か意識が戻らない
      のどちらかなんじゃないかと・・・

      最悪の展開だけは・・・勘弁してほしいです。

    • おはようございます。
      正直、植物状態の可能性が高いのではないか…と思ってしまいます。ヒナ姉が植物状態で最終回の最後に目覚める。みたいな終わり方になる気がする。

  • 夜中に失礼します。

    最初は家で夏生とお父さんと都樹子さんでご飯を食べようとするシーンから始まり、そこでルイから都樹子さんに着信が入って「ヒナ姉が事故に遭って緊急手術を受けてる」ような事を告げて夏生とお父さんと都樹子さんが急いで搬入先の病院へ駆けつけたシーンについて描かれましたね。

    前回の時に予想したような小椚が車から降りてルイに襲いかかろうとするようなシーンがあったかもしれないけど、それについては省略されてたのかもしれませんね!?

    確かあの種部の時も夏生がヒナ姉の身代わりになって刺された時も種部が逃走した直後に搬入先の病院にヒナ姉が居て、ヒナ姉から連絡を受けてルイと都樹子さんと夏生のお父さんが病院に駆けつけたシーンが描かれたと思います。

    種部の犯行時はシラフ(とはいっても正気じゃなかったが・・・)だったのに対して、今回の小椚はナンと飲酒運転だったのは予想外でしたね。常識から考えると酒を飲んだら車を運転するのは控えるモンだけど、何を考えて車を運転しようとしたのか?が理解できません。

    考えられるとしたら、やはり自らが奔走してゲットした「藤井夏生が高校時代に当時教師だった橘陽菜とのキス写真」と「現在の藤井夏生と橘瑠衣のブライダル写真」を掲載して記事に出す事をヒナ姉と桐谷先生によって阻止された事によってヒナ姉に対して恨みを募らせて、ヒナ姉に復讐する事が目的だったんでしょうね・・・!?

    前回の最初のところで小椚が自暴自棄になって酒を浴びるように飲みまくってたシーンが描かれてたから、それが、最後の方で運転中にヒナ姉とルイが並んで歩いてるところを見かけたから、偶然だったのか狙ってたのか?はわからないけど、ヒナ姉とルイに向けて突っ込んで行ってヒナ姉が牽き倒された結果になり、ルイはヒナ姉から突き飛ばされて牽かれる事が回避できたんでしょう。もし、ヒナ姉が車が突進してくるのに気付かなかったらルイまで牽き倒されたかもしれないし・・・!?

    その小椚は飲酒運転と危険運転致死傷罪で逮捕されましたが、他にもデパートに突っ込んで破損させたから、建造物破損罪も適用されるのではないか?と思いますね。
    確か飲酒運転の罰金は約50万円くらいだけど、今回の小椚のケースでは罰金が100万円くらいにはね上がる可能性が高いと思いますし、それだけではなく、デパートも破損させたから、対物保険に加入してるかどうか?はわからないけど、罰金の総額または損害賠償は○千万円どころか1億円を越える可能性があるかもしれません。そんな大金は今の小椚には負担し切れないから、一生かかっても償い切れませんね。

    小椚は職場をクビになるのは必至でしょうし、社会的信用まで失墜するのは避けられそうにないから、一生取り返しがつかないでしょう。

    小椚はこれから取り調べを受ける事になるけど、どのように供述するか?が気になるところです。

    • こんばんは!

      小椚がウダウダという展開ではなくと、
      陽菜と夏生のこと・・・
      というか・・・
      陽菜が夏生に何も言わずに何をしていたのか・・・

      というのを夏生が知る展開になっていましたね。

      小椚は
      危険運転致死傷罪で逮捕されていましたが、
      陽菜を狙ったということが危険運転にあたハマるのか・・・

      明確な動機を持って陽菜を狙ったという事が確定すれば
      もっと罪が重くなる可能性が高くなると思いますね。

      小椚は職業不定になっていましたし、
      もうすでにクビになっているかもしれませんね。

    • おはようございます。
      小椚は衝動的にヒナ姉を襲ったんだと思います。酒を飲んで、衝動的にヒナ姉を探して車を運転してそのまま突っ込んだんだではないかと?小椚は職業不定と報道されていたので、すでに出版社はクビになったんでしょうね。ヒナ姉の命が繋がったのは朗報ですが、医師の次の言葉が気になります。植物状態になって夢の中で純さんと邂逅はあるかもしれません。

      • 小椚は出版社をクビになってどうでも良くなったのかもしれませんね。
        胸の中に渦巻く恨みを晴らす為だけに陽菜を襲ってすっきりしたかったのかもしれません。

        シラフではそれも出来ないからアルコールの力を借りて
        陽菜に突っ込んだのかも・・・

  • 今日は長たらしくなると思いましたので、再度投稿させていただきます。

    夏生達が病院に駆けつけたところにルイが「このままではヒナ姉が死んでしまうのではないか?」と不安になって憔悴してる様子が描かれて、恐らくルイが今回のヒナ姉が小椚の飲酒運転中の車に牽き倒されたところを目の当たりにしてしまっただけに、それがトラウマになって妊娠中の赤子が流産してしまうか死産してしまうか?の不安が付き纏いそうかもしれません。
    ルイは夏生とは婚約中ではあるけど、万が一 流産か死産してしまった場合は婚約解消にまでならないとは思うけど、延期になる可能性が有りそうかもしれませんね。

    また、夏生が病院内で蔦谷氏からTELがあったものの「家族(ヒナ姉)が危篤状態だから」という理由で打ち合わせを延期したい。という旨とヒナ姉の搬送先の病院を告げたから、蔦谷氏も後日にお見舞いに訪れる事も有りそうです。

    小椚が飲酒運転と危険運転致死傷罪で逮捕された件がニュースで取り上げられて、桐谷先生がそのニュースを見てて、深夜になってたけど蔦谷氏から連絡を受けてヒナ姉の搬送先の病院へ駆けつけたんでした。
    そこで、夏生は桐谷先生から「小椚は君の記事でトップスクープを狙ってた。それを橘先生によって阻止されたから恨みを抱いたんでしょう。」と告げられて一瞬混乱してしまったのもムリはないでしょうし、ヒナ姉は夏生とルイには内緒にして夏生関連のゴシップ記事の流出を阻止した事に尽力した代償が小椚の飲酒運転によって牽き倒された結果となってしまったワケですね。

    気になるヒナ姉の容体は手術は成功して命に別状はないものの、医師から「ただ・・・」と告げられたところで終わりましたが、どちらにしても予断は許さない状態です。
    頭から大量出血してただけに即死でもおかしくなかっただけに、まだ命が繋がってるのは奇跡だけど、あのようなケースでは助かる可能性は僅か1パーセント未満だと思われるから、記憶喪失になるのではないか?と予想する人が多そうだけど、最終話で息を引き取るのではないか?というような感じがしそうです。

    夏生の夢の中かヒナ姉の妄想中に夏生の亡き母(純さん)が登場する可能性が有りそうですし、また、夏生のお父さんと都樹子さんが亡き母(純さん)のお墓に訪れて、墓の前でお父さんは「純ちゃん、どうかヒナちゃんを助けてあげて」と願い、都樹子さんは「純さん、どうか娘のヒナを助けてあげてください。」とお願いするシーンが見られるかもしれませんね。個人的にはそれらが描かれたら嬉しいけどね・・・。

    恐らくだけど、夏生とルイの挙式よりもヒナ姉の葬儀の方が先になるのではないかと・・・。

    • ルイと夏生の関係もちょっと変化が訪れるかもしれないですね。

      夏生が陽菜の行動の真意を知ってしまった事で気持ちの変化があるのかどうか・・・
      が焦点になりそう。

      ルイを愛しているという夏生の気持ちに変化はないと思います。
      ですが・・・

      夏生が個人的に理不尽に陽菜を振られていた
      と思っていたのに、
      実はそれは夏生を守るためだった・・・

      それを知った夏生が何を思うのか・・
      そこに注目しています。

      そういう意味で桐谷先生の存在・・・
      そして行動は

      MVP級の活躍をしていますね。
      >>>
      ヒナ姉は夏生とルイには内緒にして夏生関連のゴシップ記事の流出を阻止した事に尽力した代償が小椚の飲酒運転によって牽き倒された結果となってしまったワケですね。

      >>>

      夏生も元々陽菜に見守られて今の小説家として注目される存在になることが出来たのはわかっているでしょうし、
      その夏生がまたさらに陽菜によって守られたことを知って、
      陽菜の手術が終わったと聞いた時に誰よりも先に病室に駆け出した夏生。

      あの涙は、どんな想いの涙だったのか・・・
      これは今後わかってくるのだと思います。

      やはり気にあるのは陽菜の容体。
      医師は手術は成功して命に別状はない・・・

      そう言いましたが
      「ただ・・・」

      と手を握って涙を流す都樹子に言いにくそうにしているのが印象的で、
      明らかに陽菜の容体は良くないものであると想像できます。

      GORONさんが
      ①植物状態、
      ②記憶喪失、
      ③身体に障害残るが回復、
      ④何の障害もなく回復
      という四点を挙げておられますが・・・

      やはり一番可能性が高いのは・・・

      目を覚まさない

      という展開なのではないか・・・

      そう思ってしまうんですよね。


      身体的には回復しても脳のダメージにより意識を取り戻さない。

      それか・・よくても・・・記憶喪失。

      そんな展開が頭を過ります。


      陽菜が夏生のことを全て忘れたら・・・
      それは幸せなのか?

      難しい問題ですね。

      眠る陽菜の夢の中で夏生の母が陽菜を救う・・・
      そんな展開を期待します。

    • ルイは相当ショックですよね。夏生が横になった方がいいと言う問いかけにも首を振っていました。自分のせいでヒナ姉が轢かれたと思っている可能性も高いですね。夏生はここでやっとヒナ姉が夏生の元をなぜ去ったのかなどを聞かされました。自分だけ傷ついていたと思っていた夏生が、ヒナ姉の行動に何を思うのか…

      • ルイのことを考えれば
        身体によくありませんよね・・・

        今後夏生が陽菜に何を思うのか・・・
        陽菜の真意を知っても陽菜への想いは変わらないのか・・・

        ルイは無事に出産できるのか・・・

        結構複雑ですね。

  • 夜中に失礼します。

    桐谷先生がお見舞いに駆けつけて、夏生に「小椚が君の記事のトップスクープの記事を狙ってた」事と、高校時代に当時教師だったヒナ姉が夏生に別れを告げた真相を語って、夏生が今になってあの時の真相を知る事になったワケですね。
    だが、もう遅いような気がします。夏生としては尊敬する桐谷先生といえども「今さらそんな事言われても・・・」というのが本音でしょうし、ルイを想う気持ちが強いから、たとえヒナ姉の真意を知ったとしても、それは今後も変わらないでしょう。

    高校2年生の時に遡り、ルイが「ナツオの事がが好き」だという自覚が芽生えてきた時に、ルイの部屋で夏生とルイがキスしてるところをヒナ姉に見られてしまい、ヒナ姉が「1人暮らしする」と言い出したんでした。ちょうど柊さんが離婚したというタイミングで、夏生はヒナ姉がてっきり柊さんとヨリを戻すモンだと思ってたようで、夏祭りに出かけた時に夏生がヒナ姉に「先生(ヒナ姉)萩原さんと一緒になるんでしょ?」と口走ってしまい、それにヒナ姉がカチンときてケンカになってしまいました。たまたま居合わせたマスターと(当時ラマンで働いてた)綾乃さんと子供さんに宥められて、そこで夏生とヒナ姉の恋仲関係が成就して、教師と生徒の禁断の恋仲関係になりました。

    文化祭の時に夏生が階段を登ろうとした時に美雨が驚いた様子で大声をあげてしまった拍子に夏生が階段から転げ落ちて足を骨折してしまいました。それでも夏生はヒナ姉が住んでたアパートに足げく通い続けたんでしたね。後日ルイがアパートに訪れた事でバレてしまいましたが・・・。
    修学旅行で2人は本格的に結ばれ、これから仲が深まっていくかと思われた矢先に、ある日ヒナ姉が校長室に呼び出されて、修学旅行に帯同してたカメラマンから届けられたという例のキスしてる写真を見せつけられて、校長先生とベテランの女性教師から「異論は?」と問い質されて動転してしまい、さらに「相手の藤井夏生君にも事情聴取して、そのうち会議にかけなければならないでしょう。」と言われ、ヒナ姉は「それはやめてください。」と答えたんでした。以降、ヒナ姉は学校側から夏生と関わる事が禁じられたのではなかったか?と思われましたし、その事は夏生には伝わってなかったと思われますから、夏生としては「先生(ヒナ姉)に嫌われてしまった」と思ってしまったのかもしれません。
    2学期の終業式に離任式も兼ねて行われまして、夏生が家に帰ったらヒナ姉から別れを告げる手紙が届けられて、1人暮らししてたアパートにも行くも引っ越しを済ませてた部屋を見て夏生はヒドく落胆して数日間 魂を失ってしまったかのような感じになってしまったんでした。
    ルイ達の積極的な働きかけによってなんとか立ち直り、それを機に書き上げた小説が文芸賞を受賞したんでした。

    また、過去のエピソードで長たらしくなりましたが、夏生にとってヒナ姉の存在は以前にも申し上げた事があったと思いますが、、「家族としては大切な存在だけど、恋仲としてはもう有り得ない」でしょうし、「ルイの存在がある限り夏生とヒナ姉は永遠に結ばれない」ですね。
    ヒナ推しの人の中には「ルイが出産前後に死に至るのではないか?」と予想してる人がけっこう居そうな感じがしそうですが・・・!?

    • こんにちは!

      陽菜がもうちょっと夏生に素直に話す事が出来ていたら、
      この結果にはならないんじゃないかと思いました。

      陽菜は夏生よりもかなり年上で、
      夏生に迷惑というか、
      夏生が自分のせいで面倒に巻き込まれるのを極端に嫌っていましたね。

      もっと夏生と同じ目線。
      同年代のように振る舞えたら、
      陽菜自身今の様な状況と言うか、

      夏生と別れる事なく、付き合えてたのかな?

      高校の時、夏生に、
      それでも一緒にいたい!

      そう夏生に願っていれば、夏生と陽菜は結婚することになったんじゃないか…
      Yujiさんのコメントを読んでそんなことを思ってしまいました。

      この状況になって夏生が陽菜の想いを知るってある意味残酷だな…と…

      思ってしまうんですよね。

    • おはようございます。
      ヒナ姉のエピソードありがとうございます。これまでのことを考えても、ヒナ姉と夏生ってこれから!って言う時に引き離されると言うか、もう遅いってなるんですよね。夏生は正直、ヒナ姉限定で鈍いというか、他の人であれば、ある程度察することも多いのに、ヒナ姉のシグナルだけ見逃すみたいな?作者の流石先生は最初から夏生とヒナ姉を結びつけることはしないつもりだったのかもしれませんが、ここまで酷いとなんとも…と思ってしまいます。ヒナ姉に贔屓目が入ってはいますがこれはちょっとと思いますね。

      • こんにちは!
        夏生ってホントに陽菜限定で鈍くなりますよね。

        陽菜が夏生に悟らせないように秀逸に動いているとも言えますが、

        自分が年上である事で、夏生に迷惑をかけないようにしていたことが、
        結果として夏生と自らを遠ざけてしまった

        というのはなんという皮肉。

        もうちょっと救いがあっても良いですよね。

  • 夜中に失礼します。

    ヒナ姉の手術が成功したと聞いて、夏生が真っ先に病室へ駆けつけてルイと都樹子さんと夏生のお父さんが続いて駆けつけたシーンについて描かれたと思いますが、夏生が桐谷先生から伝えられて真意を知る事になるも、ヒナ姉に感謝するも、重篤状態のヒナ姉の容体に向かって「ヒナ姉が別れを告げた本当の理由を知ったとしても、俺はルイと結婚したいという気持ちが変わらないから・・・。」とハッキリ告げるのではないか?と思われます。
    まぁ、ヒナ姉としては喋れなくても「私はナツオ君のお母さんと 桃源先生の元へ行くから、ナツオ君、ルイと幸せになってね!私は天国から見守るから・・・。」と無言のメッセージを送るでしょう。
    管理人さんも もちおさんもヒナ姉が死んでしまうような事だけは勘弁して欲しい。とコメントされましたが、私としては、ヒナ姉が最終話あたりで息を引き取るのではないか?という気がしてならないんですよね・・・!?
    というのも、先日もコメントしましたが、小椚が飲酒運転してた車に牽き倒された瞬間、頭から大量出血してたから、本来なら即死してもおかしくなかったし、緊急手術を受けたとしても助からなかった可能性の方が高かったと思われますので、まだ命が繋がってるのが奇跡だと思えるくらいです。

    ルイの立場からすると、ヒナ姉が夏生に別れを告げた真相を伊豆大島で再会した時に知ったワケだけど、晴れて夏生と恋仲関係になれた時から「ナツオがヒナ姉の本当の気持ちを知ってしまったら心変わりしてしまうのではないか?」の不安と、「ナツオを他の女子に取られてしまうんじゃないか?」の不安が常に付き纏っただけに、夏生と婚約中だとはいえ、ここにきて「あたし、ヒナ姉からナツオを略奪しただけに、本当にナツオと結婚してもいいのかな・・・!?」と、ヒナ姉に対する罪悪感が再発するかもしれませんが、そこは夏生が「心配するな。たとえヒナ姉が俺に別れを告げた本当の理由を知ったとしても、俺はルイへの気持ちは変わらないから・・・。」とフォローするでしょう。

    こちらも先日コメントしましたが、ルイは前述のようにヒナ姉が小椚の飲酒運転してた車に牽き倒された瞬間を目の当たりにしただけに極度のトラウマになるでしょうし、妊娠中の赤子を流産してしまうか死産してしまうか?の危険性が付き纏いそうです。
    それに、ルイ自身がヒナ姉をご飯に誘った事によってこのような事態を招いたのではないか?と責任を感じてるから、何かと不安が付き纏うのも無理はないでしょうし・・・!?

    後でルイにも桐谷先生から「小椚は藤井君と橘先生の関係をゴシップ記事にしてトップスクープを狙ってた。それを橘先生によって阻止されたから恨みを抱いての犯行の可能性が高い」と告げられる事も予想されるから、ルイがその事を聞かされたら何を思うのか?気になりますね。

    • こんにちは!

      夏生はルイを選ぶという展開は変わらないでしょうね・・・
      陽菜の本当の気持ちを知って、
      ルイを捨てて陽菜を選ぶという展開になったらそれこそ夏生は小椚以上のクソ野郎ということになってしまいますし・・・

      ただ陽菜ファンとしては陽菜に幸せになってほしいという思いもあるわけで・・・
      じゃあ陽菜の幸せってなんなのか・・・

      夏生とルイが幸せな結婚生活をしているのをずっとそばで見守っているのが幸せなのか・・・
      それとも・・・
      このまま意識が戻らずに眠ったままの方が幸せなのか・・・

      陽菜の気持ちを考えるとわからなくなってしまうんですよね・・・

      ルイの立場からすれば・・・もちろん陽菜には夏生を諦めて欲しいと思うでしょうけど・・・
      陽菜のこれまでの行動の真意をルイが知ったらどう思うでしょうか・・・?

      複雑な気持ちになることは間違いないですね・・・
      それこそストレスになるという展開もあるかもしれません。

      ルイも陽菜の真意をしって、そのまま陽菜が死んでしまってルイが陽菜と話す機会が持てなかったら・・・
      それこそ一番の悲劇な気もします。

    • おはようございます。
      ヒナ姉があの世に旅立つ展開は勘弁願いたいですね。逆に、ずっと目を覚さないヒナ姉が、夏生の声を聞いて目覚める!みたいな展開が欲しいと思っています。ルイの立場が逆にヒロイン感がなさ過ぎて、終盤にきて、存在感が一気になくなってきました。というか、ストーリーから置いてきぼりになり過ぎている気がします。それは夏生も同じなんですが。もう少し、主人公とヒロインらしい活躍が欲しいところですね。

      • こんにちは!

        陽菜は幸せになってほしいですよね・・・
        その幸せが何なのか・・・まだわからないですが・・・
        死ぬという展開はちょっと勘弁願いたいところです。

        夏生にはもっとシャキッとしろと言いたいですね

  • 再度投稿させていただきます。

    ヒナ姉が緊急手術を受けたという事で、今回は桐谷先生が蔦谷氏から伝え聞いてお見舞いに駆けつけましたが、蔦谷氏も翌日以降にお見舞いに駆けつけるのではないか?と思われます。

    ヒナ姉と蔦谷氏は桃源先生の葬儀とお別れ会の時に顔を合わせたから面識があると思いますし、その時は会話シーンが描かれてなかったと思われますが、作中にはなかったけど、ヒナ姉が蔦谷氏に「義弟がいつもお世話になっております。」と挨拶を済ませてると思いますし、会話も交わした事があったと思いますから、夏生の義姉が重篤状態に陥ってる姿を見て蔦谷氏がどのように思うか?また、蔦谷氏が桐谷先生から「お義姉さんが藤井君のゴシップ記事が流されそうになる危機から救ってくれた」事を伝え聞いた時にどのように思うか?気になります。

    桐谷先生と蔦谷氏の他にも、日頃夏生に関わってる人達もヒナ姉が事故に巻き込まれて重篤状態になってる事と、小椚が飲酒運転による危険運転致死傷罪で逮捕された事をニュースで見て知られてると思いますから、何人もの人達がお見舞いに駆けつける事が予想されます。

    マスターとフミヤとミサキはもちろん、職場の先輩の漆原さんと薄野さんは確実に駆けつけると思いますし、実父の幹本丈氏もルイから知らせを受けて多忙な中で駆けつけるのではないか?と思われますし、夏生が入院してた時と同様に、響も差し入れを持って駆けつける可能性もあるかもしれないし、教師時代の教え子であるももと美雨も駆けつける可能性もありそうです。アルは来れないかもしれないけど、知らせを聞いたらスゴく悲しむでしょうし、ももが後輩達(りっくん、バルス、フーミン)を引き連れてくる可能性もありそうかもしれません。
    夏生の高校時代の親友であるカズとユーヤをはじめとするヒナ姉にとって教師時代の教え子達が数名駆けつける可能性もあるかもしれませんし、伊豆大島時代の教え子である柿崎君も知らせを聞いたら悲しむでしょうが、わざわざ東京まで着て駆けつけるかどうか?はわかりませんが・・・!?
    他にも、雅と優香をはじめとするサークルメンバーや、楢元部長に榊華先輩等も駆けつける可能性がありそうでしょう。

    忘れてはならないのが柊さんで、その柊さんもヒナ姉が重篤状態に陥ってる事を親交のある桐谷先生から伝え聞くかニュースを見て知ってるでしょうし、柊さんの性格から考えると「知ってしまったら黙って見過ごさずにはいられない」性分だし、居ても立ってもいられないでしょうから、イヤがオウでも駆けつけるでしょう。
    本当は小椚の飲酒運転によって牽き倒されたのに、柊さんは「ナツオ君がヒナちゃんを殺しにかかったんだ!」と勘違いするかもしれないし、「そうなってしまったのはナツオ君がヒナちゃんの想いに応えなかったからだ!」と思い込むかもしれません。

    柊さんが病院でルイと都樹子さんと夏生のお父さんと鉢合わせする可能性だって否めませんが・・・!?

    • 陽菜の元にはたくさんの人が駆けつけそうですね・・・

      桐谷先生やマスターはもちろん・・・
      実の父である幹本丈氏や会社の同僚たちも・・・

      そんな沢山の人に声を掛けられるも・・・
      陽菜自身は目覚めたくない・・・

      本心では夏生のそばに居られないなら・・・このまま・・・
      そう心の奥底で思ってしまっているのではないでしょうか?

      そして・・それを夏生の母が出てきて・・・

      みたいな展開になるかもしれないですね・・・

      後、大島の陽菜の教え子である柿崎君も駆けつけて
      夏生に

      「あんたが先生の溜息の元かよ!」

      とか言ってつめ寄りそう・・・

      大島で陽菜は常に笑顔でいるように努めていましたが
      柿崎君だけは陽菜の笑顔が作り物であることをなんとなく見抜いていました・・・

      その作り笑顔の原因を
      察しのいい柿崎君だったらすぐに見抜いて夏生を糾弾する展開とかあるかもしれませんね。

      そして実父の丈さんも
      夏生になんで・・・

      と理不尽に怒りをぶつけるかもしれません。

      一度は夏生は陽菜を守っていますが・・・結局夏生が至らないせいで陽菜が・・・

      そう丈氏が夏生を糾弾することも・・・あるかも?

    • ヒナ姉の縁者がお見舞いに訪れることは大いにないありそうですね。目覚めないヒナ姉のために都樹子さんが積極的に知り合いを病室に招き入れそうです。その中にはマスターやフミヤや海咲もいるでしょうし、桐谷先生に柊さん、丈氏もやってくると思います。その人たちに見守られながらも目を覚さないヒナ姉。やっぱり最後は夏生が!という展開が嬉しいですが、そう上手くはいかないですよね。

      • 陽菜と海咲とか・・・
        海咲は陽菜の気持ちを分かっているだけに
        夏生に陽菜のことを頼みそうな予感がします。

        都樹子さんも夏生に陽菜に声を掛けてあげてほしい

        といい出すかもしれませんね。

  • 夜中に失礼します。

    しばらく考えてみたけど、医師から「ただ・・・」と告げようとした続きは「記憶喪失になる可能性があるか?」または「植物人間になってしまう可能性があるか?」と告げられる事を予想してる人が多そうな感じがしそうですが、他にも「余命はあと○日持つか?」または「余命はあと○
    週間持つか?」と告げられる可能性も有り得そうですし、さらに、「今はなんとか一命は取り留めたけど、いずれにせよ そんなに長くは生きられないかもしれません。」と告げられる可能性も有り得そうかもしれません。
    ヒナ姉が息を引き取るまでの間に都樹子さんとルイ、夏生とお父さんが交代で看病する事になりそうでしょう。
    その間にヒナ姉と縁のある人達がお見舞いに訪れる事になりそうです。

    種部の時に夏生が身代わりになって刺された後にヒナ姉が目撃者として警察から事情聴取を受けた事について描かれたと思いますが、今回はルイが目撃者として警察から事情聴取を受けてるシーンについて描かれてないけど、次回以降にルイが警察から事情聴取を受けてる事について取り上げられる可能性があるかもしれないですし、ルイ警察官からの質問に対して『あたしから姉をご飯に誘って一緒にご飯を食べに行こうとしたんです。あたしは歩きながらパンフレットを見るのに夢中になってたところに姉が「危ない!」と叫んであたしを突き飛ばしたんです。あたしは一瞬何が起こったかわからない状態でした。起き上がってみたら一台の車がデパートに突っ込んできて、姉が頭から血を流して倒れてたんです。』というように答えるでしょう。

    警察官はルイの供述を信じると思いますし、他の目撃者のうちの誰かは小椚が飲酒運転してた車がヒナ姉を牽き倒された瞬間を写メを撮ったか動画を撮ったかしてたのではないか?と思われますから、小椚の犯行であるのは認めると思います。

    小椚が取り調べに対してどのような供述をするか?が気になるところですが、「全く覚えてない」と供述するか「俺は無実だ!」と殺意を否定するような可能性が高いかもしれませんが、明らかにヒナ姉に対して恨みを晴らす為の犯行であるのは明白なモンだけど、「藤井夏生を貶めてやろう」とする執念がまだ残ってると思われますから、「犯人は義弟の藤井夏生だ!」というウソの供述をするかもしれませんね。
    そのように供述しても警察官はウソだと見破るでしょうが・・・!?

    また、小椚が逮捕された件についてはニュースで報じられましたが、夏生の時も逮捕された種部はニュースで実名を報じられたけど、被害に遭った夏生の名前まで公表されなかったから、今回被害に遭ったヒナ姉の名前までニュースで公表されなければいいですが・・・!?

    余談だが、夏生が種部から刺された事実を書籍化して売り出された時にはあの新虹社の編集長が悪代官ぶり(?)を働かせて

    【被害青年が描く 今年最大の話題作 人とは・・・罪とは・・・】

    というような超ド派手な煽り文句をネット等で大々的に広告を打ってきて、ミリオンセラーを記録した代わりに蔦谷氏は「藤井君を守ってあげられなかった」と悔いて、夏生もネットで誹謗中傷の書き込みが殺到したトラウマから小説が書けなくなってしまったんでしたね。

    • こんばんは!

      陽菜が頭から血を流してその緊急手術っぽいことをしたから、
      多くの人が記憶喪失や意識が戻らないなどの症状を想像したんだと思います。

      もちおさんの仰る通り、医者が

      手術は成功して命に別状はありません。ただ・・・

      という言い方をしています。
      現状で陽菜に余命宣告ということはないと思います。

      しかし、よくよく考えてみると・・・
      陽菜の手術は頭だったのか?

      ということも言えるのではないでしょうか?
      頭から血を流していたにしても・・・
      倒れた時に打ち付けてしまったもので、

      小椚が運転する車が陽菜にぶつかったのは実は腰だった・・・

      とか・・・

      腰を負傷しているとすれば
      腰椎などが損傷して一生車いす生活ということもあり得ます。

      陽菜が車イス。

      これってかなりの悲劇だと思ったんですが・・・
      車いす生活をすることになったことにより、
      夏生とルイの家に世話になることになり・・・

      夏生とルイと夏生とルイの子供と一生一緒に生活する・・・
      そんな生活って
      陽菜にとって確かに歩けなくなったという悲劇は付きまといますが
      夏生と一生一緒にいられるということにも繋がり・・・

      陽菜にとって夏生と離れ離れになるというよりも実は幸せなことなのではないか・・・

      漠然と陽菜が歩けなくなる可能性もある・・・
      と考えた時そんな想像をしてしまいました・・・

      そして、
      夏生は車いす生活で一生懸命な陽菜のことを小説で発表し
      ベストセラー・・・

      陽菜は車いす生活の中で、自分にしかできない事を見出して
      夏生に協力して車いす生活の障害を持つ人の想いを発信していく・・・

      みたいな感じになってもいいんじゃないかな・・・
      と思ったりもします。

      実際どうなるのか・・・まだわからないですけど・・・
      陽菜が不幸で終わるのは勘弁してほしいですね。

    • こんにちは!
      ヒナ姉の余命に関しては、医師が命に別状ないと言って都樹子さんが医師の手を取り泣いているシーンがあることから、死ぬという展開はないのではないか?と思われます。頭を打った、そこで緊急手術で命は助かったが何かある。その事から皆さん記憶喪失が意識が戻らないという展開を予想してるんではないでしょうか?小椚が取り調べを受けて、なぜ小椚が車で女性に突っ込むのか?という事実関係が公になってくれば、小椚の私怨によっての犯行だとわかると思います。夏生はヒナ姉との事を小説に残す事を考えるかもしれないですね。ヒナ姉の想いや思い出を小説に残す。編集長がまた何かやってきそうですけど

      • こんばんは!

        陽菜の命については心配してませんが・・・
        頭から血を流して倒れていた・・・

        という事実が陽菜ファンにとって騒がしい一因になっていますね。
        個人的には頭ではなく、腰などの他の部分の負傷なのではないか・・・
        と思っています。

        開頭手術になれば、頭部の髪を剃ることになると思うんですが、
        部屋に戻った陽菜は普通に髪がありましたし・・・

        実は手術したのは他の部分だったのではないか・・・
        と予想してるんですが・・・

  • 夜中に失礼します。

    管理人さんのコメントを読むまで考えた事がなかったけど、小椚が飲酒運転してた車に牽き倒された瞬間は恐らくヒナ姉がルイを突き飛ばした直後にボンネットに腰を強打して牽き倒された拍子に頭を地面に強打して頭から血を流したのでしょうね。
    警察官がルイを含めた目撃者の人達から事情聴取した中で撮影された写メか動画から一部始終が明らかになるでしょうし・・・。

    術後から何日間は生死の境を彷徨うでしょうが、最終的には息を引き取るのではないか?という不安は拭えないでしょう。
    クドいようですが、頭から大量出血してただけに、本来なら即死してもおかしくないくらいですし、生存確率が極度に低いのではないか?と思われるから、夏生とルイ、お父さんと都樹子さんが交代で看病して、その間に何人の人達がお見舞いに訪れると思われます。
    最終的には家族全員に看取られてヒナ姉は安らかに息を引き取るのが最有力なのかもしれません。

    というのも、前々回連載された時に単行本が28巻までで連載終了が発表されたから、流石先生ならびに出版社サイドが最終的にヒナ姉が息を引き取って死亡する方向へ話を持っていきたい。という意図が私にはそのように感じ取れます。
    あくまでも私の憶測にすぎないけど、流石先生というよりも出版社サイドの意向が強く反映されてそうな感じではないか?と思いますし、特に出版社サイドの方が「夏生とルイが結ばれて、ヒナが不幸になる」方向へ持って行った方が盛り上がるのではないか?と考えてるのかもしれませんね!?
    他にも、ルイが不幸になる方向へ持っていけない理由も幾つか存在するかもしれませんが・・・!?

    • こんにちは!
      陽菜は後頭部から血を流していました。
      手術後の陽菜の頭の包帯の撒かれ方を見ても後頭部。

      車が突っ込んできて後頭部を打ち付けるというのは難しいのではないかと思います。

      そういう意味でもやはり、跳ね飛ばされた後、倒れた拍子に頭を打ったのかな?と思います。

      心配なのは、やはり目が覚めないという事でしょうか?
      意識が戻らずに容体が急変ということもあるかと思いますが、
      やはり、腰などを打ち付けて歩けなくなったというのが現実的なのではないかなと…

      都樹子さんはもしかしたら、夏生を詰るかもしれませんね。
      夏生のせいではない。
      でも、なんで陽菜ばかりこんな辛い目に合わなければいけないのか?

      そんな母としての憤りを夏生にぶつけてしまうのではないか?

      そんな予感がしています。

      この後、間違いなく陽菜は不幸な現実を突きつけられると思います。

      その時、夏生はどうするのか?
      注目してます。

    • おはようございます。
      ヒナ姉が死ぬという終わり方かぁ…Yujiさんの言うように、夏生と結ばれない以上、ヒナ姉はその方が幸せなのかな?編集部的にもヒナ姉が事故死の方が劇的な終わり方に見えますし、読後の余韻はより強く残るかもしれませんね。でも、そうなって欲しくないなぁ

      • こんにちは!

        もはや、陽菜にとってどういう結末が幸せなのか分からなくなってきてますね。
        夏生と結ばれる事がない以上、
        陽菜が望む結末はもうこないわけで、

        そうであれば、陽菜にとってどんな結末が最善なのか?
        このまま死が、実は1番幸せなのか?
        難しいところですね。

  • 夜中に失礼します。

    ヒナ姉が「ナツオ君が私ではなくルイを選んだ」事を知った時点で、私が以前にヒナ姉が海まで行って入水自殺を計るのではないか?と予想した事がありまして、これまでのところ自殺を計るような事がなかったものの、最後に息を引き取るのではないか?という予感がなんとなくしてました。

    それが、桐谷先生から「小椚という記者が橘先生と藤井君の高校時代の関係を知ってたようだ」と聞かされて、夏生を貶める為のゴシップ記事が世間様に流出してしまう危機に瀕した時にヒナ姉が「私が撒いた種だから・・・」と言って夏生には内緒にして『週間ゲンザイ』に抗議に行って小椚に立ち向かおうとしたのはいいけど、小椚が夏生とルイがデキ婚する情報まで掴んでたから、ヒナ姉はますます危機感を抱いて、小椚が逆ギレしてヒナ姉に対して恨みを抱くようになり、後日に編集長に「種部がリークした」という事を伝えると、夏生関連のゴシップ記事を取り下げてもらう事に成功もらえたから、小椚としては「橘陽菜のせいで俺の人生が潰された」という事でヒナ姉に対して恨みを抱くどころか強い殺意まで抱いた結果が、飲酒運転中にヒナ姉がルイと一緒に並んでるところを突っ込んできたようで、ヒナ姉が牽き倒された形になり、ルイはヒナ姉から突き飛ばされて間一髪助かった形になったようなモンだから、先日もコメントしたと思いますが、ヒナ姉が気づかなかったらルイまで牽き倒されてしまうような事態が有り得たかもしれません。

    まさしく、種部から包丁で刺し殺されそうになった時の再現になり、その時はヒナ姉がPTSD(心的外傷後ストレス障害)にかかってしまい、今回はルイがPTSD(心的外傷後ストレス障害)にかかってしまう可能性が多分に有りそうでしょう。ヒナ姉が牽き倒された瞬間を目の当たりにしてしまっただけにムリがないかも・・・!?
    となると、ヒナ姉が生死の間を彷徨ってる間にルイもPTSD(心的外傷後ストレス障害)の為に精神科医にお世話になるような事も有り得るかもしれません。
    それに加えて、クドいようだけど、流産してしまうか死産してしまうか?の危険性が孕んでしまい、ノイローゼにかかってしまう危険性まで孕んでしまいそうかも・・・!?
    仮に無事に赤子を出産できたとしても、ルイ自身が育児鬱にかかってまともに育児が出来るかどうか?の不安と、得意なハズの料理にまで影響しかねないし、包丁を握る事にさえ恐怖心に怯えそうかもしれません。

    そういう意味でも、ルイがこれまで料理人として続けられたのも、種部が包丁を持ってヒナ姉に襲いかかろうとしたところに出会さなかったからなのかもしれませんし、あの時、ルイがその現場に居て種部が包丁を持って襲いかかろうとしたところを目の当たりにしてしまったら、包丁を握るのも見る事にも恐怖心を覚えてしまって料理人の道を諦めざるを得なくなっていったのかもしれません。

    ルイはもちろん、夏生にとってもヒナ姉が息を引き取るようだと間違いなくショックを受けてしまうでしょうし、結婚どころじゃなくなって、婚約解消にはならないと思うけど、入籍と挙式は延期になりそうかもしれませんね。

    • こんばんは!

      ヒナ姉が「ナツオ君が私ではなくルイを選んだ」事を知った時点で、私が以前にヒナ姉が海まで行って入水自殺を計るのではないか?
      そんな空気がありましたね。


      夏生との思い出の指輪を持って海に行って
      その指輪を投げ捨てようとしていた時がありました。

      その時の陽菜の雰囲気は、確かに

      入水自殺をしに行くかのような

      そんな悲壮感を漂わせていましたね。

      小椚に対面した時に
      陽菜が小椚の記事の出版を阻止しようと強く思ったのも
      確かに、小椚が夏生とルイの結婚の情報も掴んでいたから
      の様な気もしますね。

      自分と夏生のことだけでも夏生の小説家としての今後を憂う陽菜でしたが、
      さらに妹との結婚も小椚によって邪魔されると知らされて
      もう小椚とは全面的に対決しなければならないと決心したんでしょうね。


      結果的に
      ルイを庇って小椚に車で轢かれてしまった陽菜。
      その陽菜を目の前で見てしまったルイの心理的ストレスは
      とんでもないことになりそうですね。

      ルイは陽菜が助かるかどうかで
      どうしていいのかわからない表情をしていました。

      手術が成功したと医師から聞いて一安心だと思いきや
      今度は陽菜に何か後遺症があるかもしれない・・・

      そんな展開。

      ルイは自分を庇って車に轢かれたと思っています。
      その陽菜が事故の後遺症があるかもしれない・・・

      なんてことになったら、
      確かにPTSDになって流産・・・

      なんて展開になるかもしれないですね。

      ルイは過去にも心意的なストレスで味覚障害になっています。
      陽菜のことで料理人として再起不能になる可能性もあるかもしれないですね。

    • こんにちは!
      ヒナ姉が目の前で車に轢かれるというか、自分を庇うように悲劇に遭ってしまったことで、ルイのPTSDはあるかもしれないと思いました。現状でも夏生に対して自分はどうしていいのかわからないというような様子が見られますし、ホントに助けられた様な形のヒナ姉に自分が何をするべきなのかわからない?というルイの様子は確かに気になりますね。このままいったら流産になる可能性もあるかもしれません。

      • こんばんは!

        ルイのPTSDは心配ですよね。
        以前にも味覚障害になるほどにルイは実は繊細。
        今回の件で自分を庇って陽菜が・・・

        なんて思っていると
        ルイもそれがストレスになって流産やマリッジブルーを拗らせて・・・
        なんて展開もあるかもしれませんね。

  • Goron へ返信する コメントをキャンセル

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です