ドメスティックな彼女(ドメカノ)275話最新話のネタバレ,あらすじと感想!276話の考察も!

2020年6月3日発売の週刊少年マガジン27号を読みました!
ドメスティックな彼女(ドメカノ)最新話275話<運命の人>も読みましたので、
早速ネタバレ、あらすじ感想をお届したいと思います。

Sponsored Links



前回は
夏生の娘ハルカ・・・
ルイと夏生の間に生まれた女の子。
ハルカは陽菜が大好きだった。

いつもヒナちゃん!とべったりくっついていて・・・

前回詳しくは

ドメスティックな彼女ネタバレ

からどうぞ

これからドメスティックな彼女275話のネタバレが始まります。

その前に

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

こちらのサービスを使えば、無料で今週号のマガジンを読むことが出来ます!

U-NEXTでドメスティックな彼女(ドメカノ)275話を含む週刊少年マガジン27号を無料で読む

ドメスティックな彼女(ドメカノ)275話最新話のネタバレ、あらすじと感想!276話の考察も!

↓こちらもマンガが無料で読めますよ↓





最新話ネタバレ
ドメカノ最終回
ドメカノ最終回袋とじ

では、早速いってみましょう!

ドメスティックな彼女(ドメカノ)275最新話のネタバレ、あらすじ!

仕事の休憩中に婚姻届けを取りに行ってきたというルイ。

それを夏生の差し出してくる。

戸惑い気味にルイを見上げる夏生・・・

 

 

そんな夏生にルイは・・・

ヒナ姉は今は昏睡状態。
それでは婚姻届けが出せないのはわかってる。

 

でも・・・

気分だけでも・・・

 

 

ルイは夏生にそう告げて・・・

 

夏生はルイを見つめ続ける。

 

見つめ続ける夏生に
ルイは運命について語り始めた。

 

 

夏生と付き合い始めた当初から
運命について考えることが多くなっていたルイ。

夏生と自分の間に
運命という繋がりはあるのか・・・

 

ルイはずっと夏生を見つめ続けてきた。
陽菜と付き合っている時から・・・

そんな陽菜と夏生には何か
運命と言ってもいいような強い結びつきを感じていたルイ。

 

それが自分と夏生にもあるのか・・
考え続けてきた。

そんなことを考えているウチに・・・
ハルカが出来た。

 

ハルカの誕生は・・・
ルイにとって運命を感じさせるに十分な出来事で

だから・・・

 

夏生と出会った事も
陽菜とルイ・・
姉妹で二人で夏生を好きになったのも・・・
ハルカが生まれたことも運命であるなら・・・

 

 

夏生と陽菜が
寄り添って生きるのも運命なのかな

 

 

ルイの運命論。
夏生は何も言わずにルイの話を聞き続けていた。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

あくる日・・・
夏生は陽菜の部屋で探し物をしていた。

ハルカが保育園から帰って来て
マッサージの時間。

 

その時間になっても
夏生は陽菜の部屋のクローゼットを開けて探し物を続ける。

 

そして・・・
見つけた・・・・
夏生と陽菜が贈り合った・・あの指輪。

 

チェーンに下げられた二つの指輪。
陽菜が捨てることが出来なかった。

あの日・・・すべてが停止するその日も
大切に身に着けていた。

宝物。

 

それを手に平にとって夏生は見つめていて・・・・

 

Sponsored Links



 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

30 件のコメント

  • こんばんは
    ヒナが目覚めたことは良かったですが、結婚となるとハルカにどう伝えるのか、、、。

    来週がいまから楽しみでありちょっと怖くもあります。

    • こんばんは!

      陽菜が目覚めましたね。心配な後遺症などはないといいのですが…
      ハルカは両親とヒナちゃんに囲まれて幸せ!
      というエンドが個人的には望ましいです。

  • 予想通り最終話直前での目覚めでした。

    今後の展開ですが、目覚めた直後をうまいことスキップしないと、肝心の4人が今後どうやって生きていくかが描く余裕がなくなってしまいます。

    というのも275話の陽菜を見た限りでは、夏生たちとまともにコミュニケーションとれるようになるまでまだまだ時間がかかるのではと感じました。

    健常な状態なら見知らぬ近くの晴花(漢字判明!)に対して何かしらの反応があってしかるべきなのに、本当にただ目覚めただけの描写だったためです。

    しかも後遺症の問題に加えて、5年で変化した4人の関係性の説明と理解にも本来は相当スペースが必要に感じます。

    それで結局、陽菜もルイとハルカがいるのに夏生を独り占めなんてできないと感じるのが当然でしょう。
    あとは関係をはっきりさせることなく4人で暮らしていくことになると普通なら思われますが、ここで73話が問題になります。
    73話では「妻」と呼ぶ存在がいて、指輪もありました。
    つまり陽菜が夏生とルイを説得して結婚を促すか、逆に二人に説得されて夏生との結婚を受け入れるかのどちらかなのですが、275話を読むと夏生の陽菜への愛が印象的に描かれていたので、後者になるのではと感じています。
    ここでまたひっくり返すのは厳しいというか、最終話にきても夏生が状況に流されるだけのいいかげんな感じになってしまいかねません。(もちろん展開次第ですが)

    はっきり言ってしまうとルイと結婚直前の互いに愛し合っていた状態から、いくら愛を誓い合った元恋人とはいえ何も話せないまま5年経った陽菜にあそこまで愛情を向けられるとはとても理解できないです。それをあえて描いていたので最終話で陽菜と結婚するのではと思ってしまいます。

    陽菜が妻として小説家の夏生の心の支えとなり、ルイが子育て&介助のパートナーとして夏生を支えていくエンドになりそうな予感がしています。

    • こんにちは!

      個人的にも
      最終回は陽菜が目覚めたところからだと尺が足りないと思っていました。


      最終回はまず陽菜がリハビリに励んでいる日常から
      起きてからどうなったというダイジェストになって
      そして今後のことに言及していく展開だと思います。

      73話では「妻」と呼ぶ存在

      これが問題ですね。

      最終回で陽菜がもう夏生のことを受け入れて
      そして結婚しているのか・・・

      それとも・・・
      ルイが・・・

      と思いますが・・・
      ルイと夏生が結婚する展開というのは
      もう無いのかな?と思われます。

      それを描くと尺が本当に足りないですし・・・

      だとすれば陽菜と夏生が結婚して
      そしてルイとハルカの関係性が描かれて
      最後は大団円。

      そんな感じだと個人的には予想しているんですが・・・

  • 5年がたち事故で植物状態になった陽菜は32歳、夏生は26歳になっている。
    高校で陽菜に初恋した高校生の夏生は自分の思いを一方的にぶつけていった。陽菜は教師と生徒の関係で接しようとしたが、いつしか夏生の思い受けとめていた。

    沖縄への修学旅行で花火大会の夜、互いの思いは開花し、窓際で唇を負わせ抱きあっていた。明かせない秘密。しかし学校に露見し、陽菜は夏生の将来を懸念し、離別する。しかし、未熟だった夏生は自分が拒絶されたと思い込み、二人で将来の結婚のために交わした指輪を陽菜に返却してしまう。

    読者目線では伝えられた陽菜の心情は、しかし夏生には伝わらず、瑠依との恋愛に突き進むこととなる。瑠依はいつも話題の中心にいた姉への憧れがあった。陽菜に心を奪われていた夏生に恋心を抱いたのも、そんな姉への対応意識が心のどこかにあったのかもしれない。

    夏生が小説が書けなくなったときも、陽菜は近くに寄り添い健気に懸命のサポートをつくした。これも、読者目線では伝えられた情景。ラマンのマスターから語られる陽菜の真実の愛の姿に夏生が気づくのは陽菜が植物状態になった後。

    夏生が瑠依との恋愛で知った、大切な人への愛しい思い。夏生は二人の約束の指輪を見つめ陽菜の寝顔に涙する。読者の情報と夏生の心情が漸く一致した瞬間。

    ハルカが陽菜の指に通した夏生の安物の指輪。それは陽菜の大切なお守り。それは陽菜の海馬に記憶されたエピソード記憶が、側頭葉から伝わる五感の刺激を知覚し、5年の間徐々に再生した脳細胞にシナプスのチェーンを繋いた瞬間、遂に陽菜は目を覚ます。

    陽菜は記憶が残っているのか、体に障害は残っていないのか。指からの刺激がシナプスをニューロンに繋いで陽菜の脳裏に浮かんだ夏生の記憶と思いが描かれていることから記憶は失われていないと思いわれる。また、毎日、夏生とハルカがストレッチを施しており、身体に重大な障害が残っていることも無いと考える。

    陽菜は夏生との結婚は受け入れるのか。夏生を巡り、NWで瑠依との間で交わした対決宣言。どんな結果になってもお互いに恨みっこなしと約束した。夏生が気づいた陽菜への愛は贖罪からではなく真実の愛。これを拒否する理由は無いと思う。

    ハルカとの関係。夏生は当然ハルカを認知しているものと思われる。夏生の戸籍には認知された旨と母親瑠依の名前が記載される。ハルカの戸籍にも父夏生、母瑠依の名前とともに認知された旨が記載される。親子関係が戸籍上明記されることとなる。

    瑠依とハルカとは事実婚の夫婦と子供の関係が築かれ、陽菜との間には法律上の夫婦の関係が形成される。しかしそれは形式上のこと。Fragileで壊れやすいTriangleは、信頼と愛情に裏打ちされた堅固な関係として二組の家族生活を内包した形で結実するものと考る。

    いつもハラハラして次回を見るのが怖かったが、今回は最終回を期待して楽しみに待てそうな気がする。

    流石先生が対談欄で表明したように、ドメカノは人間の内面的な思いを描くことに力を入れている。Twitterで流石先生がつぶやいたように、どんな展開になっても批判される。最終回に向かって自分が考えたストーリーを突き進む。まったくその通りだと思う。批判するなら読むのを止めればいいのだから。漫画家Sasuga Keiに対するコメントは世界中から寄せられている。毎回これほど反響のあるMangaを他に知らない。登場人物の思いと読者の思いが交錯するから、自分のことのようにストーリーを辿り、自分ならどうするか考えるからこその現象だと思う。

    もしドメカノをマルチエンディングのラブコメGameとして発売されたら、間違いなく購入するだろう。瑠依root、ももroot、雅root、そして陽菜rootそれぞれで楽しみたい。

    • こんにちは!
      コメントありがとうございます。

      陽菜ってずっと影で夏生を支えたって感じですよね。
      古き良きとは言いませんが・・・
      大和なでしこというか・・・
      決して表には出ずに、夏生を影でずっと支え続けてきた。

      その一途な想いに夏生が気が付いたのが植物状態になってから・・というのがなんとも皮肉ですが・・・
      だからこそ
      夏生も陽菜への想いが溢れたのかもしれませんね。


      >>>陽菜は記憶が残っているのか、体に障害は残っていないのか。指からの刺激がシナプスをニューロンに繋いで陽菜の脳裏に浮かんだ夏生の記憶と思いが描かれていることから記憶は失われていないと思いわれる。また、毎日、夏生とハルカがストレッチを施しており、身体に重大な障害が残っていることも無いと考える。


      自分も懸念しているのはまさにここで・・・
      全く後遺症はない
      という展開にはならないのではないかと思います。

      記憶に障害があるかもしれないですし・・・

      例えば
      事故までの記憶はあるけど
      目覚めた後、一日過ぎると昨日の記憶がなくなってしまうとか・・・


      そういう記憶障害とか
      身体的な障害もあるかもしれませんね。

      そもそも5年寝たきりで筋肉もほとんど衰えてしまっている状態のはずです。
      リハビリを頑張らないとまともに歩くこともできないのではないでしょうか?


      陽菜が結婚を受け入れるかどうか・・・
      という点ですが・・・
      陽菜自身がずっと願い続けたことですし
      ここは受け入れると思いたいですね。

      陽菜自身からすれば
      子供までいて自分を選んでくれる夏生
      そして子供もいるのに夏生から一歩引いてくれたルイ

      気を使うこともあるでしょうけど
      これまで陽菜が夏生のためにやってきてくれたことを考えても・・・
      やはり陽菜には受け入れて欲しいですね。


      >>>瑠依とハルカとは事実婚の夫婦と子供の関係が築かれ、陽菜との間には法律上の夫婦の関係が形成される。
      流石先生も仰っていますが
      ドメカノはあえてタブーに踏み込んいる作品でもあるので

      ハルカが可哀想とかそういう意見もあるとは思いますが・・・
      この展開が一番夏生たちにとって幸せなんではないか?

      そう思います。

  • 陽菜が昏睡から目覚めたのはいいが…一番気になるのは夏生と陽菜が結婚する事をハルカがどお反応してしまうのか。
    陽菜自身も夏生と結婚できて嬉しいっと思うが、
    ルイとハルカから父親である夏生を奪ってしまうことになり娘のハルカに大きな傷を与えてしまうかもしれないし本人も望まないっと思う。
    自分的には4人が一緒に暮らしている事を望みます

    • こんにちは!
      コメントありがとうございます。

      個人的にも全員事実婚という形でもいいとは思いますが
      夏生は陽菜との結婚を望んでいるようです。

      マスターの表情を見る限り
      その形が一番周囲の人を安心させるものでもありそうですし、

      ルイとはハルカの両親として
      陽菜とは法律上の夫婦として

      4人家族
      夏生、陽菜、ルイ、ハルカ
      この4人が一緒に楽しく暮らしていくことが
      夏生達にとって一番幸せなのだと思います。

      ハルカの反応が将来的にどうなのか?
      これは心配ですが、作品的にはそこまで描かれることはなさそうだなと思うんですよね。

      • 陽菜にも子供が出来れば、事実婚を決意した日にルイに渡したペンダントをハルカと陽菜の子に渡すかもしれない。

        • こんばんは!

          あぁ!その展開はあるかもしれないですね。
          さらに最終的にさらに10年後くらいまで飛ぶとそういうシーンもあるかもしれないですね。

  • 夜中に失礼します。

    前回ルイが夏生に婚姻届を差し出したのは、模擬的にヒナ姉との婚姻関係を結ばせる為のモノでしたね。
    ヒナ姉は寝たきりの為に実際に婚姻届を出せないから、夏生にヒナ姉との婚姻関係を結んだ気分だけでも味わってもらおう。というルイの計らいでした。

    夏生と一度別れる前のルイだったらそんな事は有り得なかったと思います。
    その時は夏生が他の女子と普通に接するだけでも露骨にヤキモチを妬いたし、夏生とは些細な事でケンカもしたし、夏生に対する独占欲が異常なくらい強かったから、一度の別れを経て夏生とヒナ姉を思い遣れるようになってきたし、ハルカを産んでママになったから、親同士の再婚によって夏生と家族になった当時の無愛想でコミュ障だった面影が薄れてきて、ヤキモチ妬きなところまで改善してるようだから、格段に人間的に成長著しいですね。

    最後の方で夏生がヒナ姉にキスして「結婚しよう」と話しかけ、ハルカが指輪を見て、ヒナ姉が長い眠りから目が覚めたから、ハルカが「パパー、ママー」と大声をあげて夏生とルイを呼んでましたね。
    ヒナ姉が小椚の飲酒運転した車によって牽き倒されて頭から大量出血した時は最終的に息を引き取るのではないか?と思いましたし、そこから生き延びられる確率が僅か1パーセントに満たないと思われたから、あれから5年経っても生き延びてるのは其磧としか言いようがありませんね。
    リアルだと即死してもおかしくないだけに、フィクションだからそういう事もアリなんでしょうね・・・。

    最終話でヒナ姉が目が覚めてからの第一声に注目が集まるところでしょうが、夏生とルイとハルカを見てどんなセリフが飛び出すか?が気になるところでしょう。

    また、ヒナ姉が「ハルカを産んだけど、夏生とルイがまだ籍を入れてない」という事を知らされたら、どんな反応するか?も注目が集まるでしょうし、夏生とルイに籍を入れる事を勧めてくるかもしれませんね・・・!?

    どんな形でエンディングを迎えるか?見守りたいです。
    最も良いのは、夏生とヒナ姉とルイとハルカの4人で一緒に楽しい生活を送る事なのでしょう!?

    • こんにちは!

      ルイと陽菜
      どっちとの婚姻届けなのか?

      議論が交わされましたが
      やはり陽菜との婚姻届けでしたね。

      ルイの気持ちを考えれば
      なんとも言えないです。
      夏生との子供ハルカが出来て結婚目前
      でもその結婚目前に陽菜の本当の気持ちとこれまでの行動の経緯を知ってしまう機会があり
      結婚断念。

      これまで夏生と一緒に陽菜の介護とハルカの子育てを仕事と両立でやってきたルイ。

      ここにきて陽菜と夏生の婚姻を言い出す心境はどうなんでしょうか?

      苦汁のものなのか・・・
      それとも新しい感情がもうルイの中に確固としてあり
      その感情があれば夏生と陽菜の婚姻は許せる範囲のものなのか・・・

      ちょっとルイがどういう心境で夏生の婚姻届けを差し出したのか・・・
      わからないですね。

      5年をどういう思いでルイが過ごして来たのか・・・
      もしかしたら最終回で語られるかもしれません。

      そしてついに目を覚ました陽菜ですよね。

      彼女は
      交通事故にあったその日から時間が止まったも同然。

      本人は朝目覚めるかの様な感覚で
      目を覚ましたでしょうけど

      現実には
      5年という歳月を得た夏生とルイ
      そしてハルカという家族。

      そして自分とルイ・・・そして夏生を取り巻く環境。

      陽菜がどう受け止めるのか・・・

    • こんにちは。

      ヒナ姉に夏生がプロポーズして、ヒナ姉と夏生という展開になりましたね。ヒナ姉派としてはヒナ姉がもしかしたら障害が残るかもしれない、でも夏生と一緒に生きていくという人生になりそうなので一先ず満足です。ハルカの存在にヒナ姉がどんな反応を示すか楽しみでもあります。

      • こんにちは!

        陽菜派としては満足の展開ですね。
        ほとんどルイと結婚が確定して
        ここから陽菜の逆転はないだろうと思っていました。

        陽菜とルイ
        どっち?
        て言う展開ではなくて

        陽菜とルイ両方と幸せに暮らす。

        夏生の選択はこれになりそうですね。

  • 再度投稿させていただきます。

    前回は文芸部仲間が夏生達の新居にオジャマしたシーンが描かれてまして、スゴく良いシーンが見られました。

    ももが産婦人科医になり、りっくんと結婚して、その
    りっくんがスーパーに就職してました。
    美雨は高校時代から志望してた編集者になって、アルがバックパッカーを経て大学生になり、現在は3年生とのことです。
    前回登場しなかったバルスは作家として活躍中で、文芸部
    仲間であり幼なじみである フーミン と婚約までしてたようでした。バルスは高校時代は女馴れし切れてなかっただけに、夏生達が卒業して部長になり、フーミンと付き合うようになって、女子に対する接し方も学んできたのでしょう!?

    今回はマスターが登場して、フミヤとミサキの近況について語られてましたね。
    フミヤは大学を卒業して弁護士になってたようで、個人事務所を開くようになったら「ミサキに告白する」ような事をマスターが言ってたような・・・!?
    ミサキはバリスタに続いて「菓子製造技能士」という資格まで習得して、薬物依存性から完全に立ち直り、昔はクスリに手を染めてたとは思えないくらい素敵な女性へと変貌していったのでしょう。
    泣いても笑っても残り1話となってしまっただけに、描かれないのは惜しいけど、ルイとミサキが料理とお菓子作りを教え合う仲になっていくストーリー性が見てみたかったですね。

    フミヤとミサキで思い出すのが何と言っても合コンです。
    夏生がルイから別れを告げられて塞ぎ込んでた時に、フミヤが夏生に「合コン開いてくれ!」と催促しまくり、乗り気じゃない夏生がフミヤに強制参加させられたんでしたね。

    男性陣が夏生とフミヤと いかにもモテなさそうなフミヤの大学での友人という顔触れで、対する女性陣が夏生のアパートの隣人である葉月かすみさん(以下 葉月さん)と葉月さんの惣菜屋のバイト仲間の女子と バイト先の常連客だというミサキという顔触れでした。
    フミヤは弁護士志望をアピールし、葉月さんから言い寄られるも、葉月さんはいかにもおカネが目当てだというのが見え透いてた為にフミヤが撃沈したんでした。
    葉月さんは貧しい家柄に生まれ育ってきただけに、おカネに対する執着心が異常なくらい強いキャラでしたね。

    以外にもフミヤの友人と葉月さんのバイト仲間が生まれ故郷が同じだという共通点から意気投合して晴れて交際が始まり、終始乗り気じゃない夏生には何だか怪しげな雰囲気を持ったミサキが放っておけず、アパートまでノコノコ付いて来て、「トイレ借りていい?」と言って、ちゃっかり夏生のアパートに上がり込んで、迷惑する夏生なんかお構い無しで夏生のアパートに居候してしまったんでしたね。
    夏生はミサキに「葉月さんに泊めてもらう」ように説得するもミサキは聞く耳持たず、後にクスリの運び屋仲間とのトラブルがあって逃げ出してきた事を知ってしまい、クスリの運び屋らしき良からぬ輩がミサキを探しに夏生のアパート周辺をウロつき、そこにヒナ姉が遭遇して、ヒナ姉がその事をマスターに相談を持ちかけて、マスターもかつてのヤクザ時代の仲間に連絡して、半グレ連中の動向を注視してもらったんでした。
    ある日、夏生のアパートに良からぬ輩が乱入し、夏生とミサキが半グレ連中に拉致されて殺されそうになったところに間一髪でマスターとヒナ姉が助けに現れて、後にヤクザ時代の仲間達も駆けつけて半グレ連中を成敗したんでしたね。

    それを機に「ナツオ君1人では心許ない」という理由からヒナ姉が夏生のお父さんと都樹子さんを説得して夏生のアパートで同棲する事になったんでした。
    夏生とヒナ姉が一時期同棲してた事を雅をはじめとするサークル仲間や先輩方は知ってるけど、ルイや幹本丈氏や文芸部仲間(美雨、アル、もも、りっくん、バルス、フーミン) や桐谷先生あたりは知ってたかどうか?気になります。

    話が反れてしまいましたが、ミサキが薬物依存性の為に自ら警察署へ出頭した後にマスターが更正の支援を兼ねて拾われる形でラマンで働くようになり、フミヤもミサキが働くようになってからシフトを増やしたらしいですね。

    あの時の合コンでフミヤは葉月さんから言い寄られておカネ目当てだった為に撃沈した代わりに、夏生に寄っていったミサキに惹かれていったんでしょうね・・・!?

    • もちおさんもコメントされていますが・・・

      夏生と関わるとみんな夢をかなえるというか・・・
      自分を精一杯生きて、
      そして夢に向かって邁進していく人物になっていきますよね。

      モモにリッくん
      バルスにフーミン
      美雨にアル・・・


      そしてルイ・・・

      さらには

      夏生の師匠同然である桃源先生ですらも夏生に救われたかのような描写もありました。

      夏生の関わる人物は
      総じて自分の夢を叶えて自分の人生を突き進んでいくんですが・・・
      唯一それに当てはまらない人物が陽菜なのかな?

      陽菜は夏生と関わることで
      教師としての道を諦め
      そして、自分の英語力を生かしてホテルに勤務しますが
      ホテルで何かしたいとかそういう夢を持っているわけではない・・・
      そんな陽菜の唯一の夢・

      それが夏生の幸せ。

      陽菜は自分が犠牲になることで夏生の夢を叶えた。

      そして・・それが転じて自分が一番望むもの(夏生)を手に入れた。

      そう考えれば
      陽菜も夏生によって夢を叶えたと言えるのか?


      モモたち文芸部の面々は5年後の舞台で登場してきたマシタし
      マスターも登場しました。

      ミサキやフミヤも最終回で観られると嬉しいですね。

      成長したミサキと目覚めた陽菜。
      面識ある二人が再開したらどういう反応になるでしょうか?

      見て見たいですよね!

  • 夏生と関わった人間はみんな自分の夢を叶えていきますよね。文藝部の仲間たちはもちろん、フミヤやミサキも自分の目標に向かって突き進んでいる様です。個人的にフォレスターの面々とりわけ雅や華先輩がどうなったのか気になりますが、そこまで描かれるほど尺がないのは残念ですね。ラストにヒナ姉と夏生の結婚式をやるのか?そこに登場キャラクターが呼ばれたりして大団円となるのか?期待してます。

    • コメントを読んでそう思いました。

      みんなが夏生と関わる事で幸せになって
      最後に大団円を見せて欲しいですね。

      華先輩の近況や雅がどうなっているのか?
      夏生の作品に出演?

      これが明かされるか気になりますね。

  • こんにちは

    予想通り、ヒナ姉に収束しましたが…
    心中は複雑です。
    先述の通り、ヒナ姉は選ばれない限り
    作中で幸せになる事は無かったはずです。
    それが選ばれた、自分の愛が届いたと 
    感動する場面ですが、素直に良かったねヒナ姉!
    とはなりませんでした。

    1番にハルカちゃんの存在。
    事実婚で子育てする家庭もあると思いますが
    父親が目の前にいる伯母と結婚するなんて…
    分別のつく年齢となった時に、
    自分だったら愛されて生まれてきたのか
    疑問に思い悲しくなってしまいます。
    私見はともかく、
    作中でその懸念は払拭されており、
    ナツオとルイのヒナ姉への想いが
    ハルカちゃんに伝わっています。
    それであっても、
    成長したハルカちゃんは
    パパと伯母を心から祝福出来るのでしょうか
    ママと一緒になってほしかったと
    思うのではないでしょうか…。

    ルイに対しても…
    何故そうなってしまったのか…
    選ばれなかった事は仕方ないです。
    選ばれなかったから不幸ではなく、
    自分を成長させてくれた、
    素敵な思い出となったで良いと思います。
    ただそれは、
    恋人のままで別れていればです。
    ナツオはNYに行く事を自ら決め、
    ルイと生きていく事を決めました。
    子供を授かり結婚を誓った後に、
    選びなおすとは……。
    ルイに捧げられたのは【恋】と言われても
    その一言では片付けられないです。

    これらを知ったヒナ姉が、
    婚姻を受けるとは思えません。
    うらみっこ無しと約束していますが、
    それは2人が同じ条件での話しです。
    今はハルカちゃんが生まれていますから
    状況が変わっています。
    ヒナ姉に婚姻届のサインをさせるには
    相応のナツオによる説得が必要でしょう。
    ヒナ姉の愛は献身であり、
    自分よりも相手の幸せが優先でした。
    ナツオの夢を想い、
    ナツオが幸せになる為
    本能的に尽くしてきました。
    だからこそ尊く、純粋な愛を
    その生き方を美しいと思いました。
    そのヒナ姉が自分の幸せだけを
    優先にしてサインするとは思えません。
    ですが、
    ナツオにはヒナ姉からなんと言われても
    【妻】になってほしい想いを貫き通してほしい。
    極論、全てを捨ててでも貫くべき。

    作者先生や編集者の方々にも
    考えや想いがあると思います。
    ただ個人の意見としては、
    ラストでナツオがヒナ姉の想いに気付き
    愛を伝えるのであれば、
    NYへは行かないでほしかったです。

    ラストへの考察ですが、
    気になる点を並べますと。
    ①ヒナ姉の後遺症
    ②ルイとナツオの現況を知ったヒナ姉の反応
    ③ハルカちゃんを見て
     ヒナ姉は何を考えどうするのか
    ④ナツオからプロポーズを受けどう返すのか
    ⑤ハルカちゃんの名前の書き方
     ルイから渡される満月のネックレス
    ⑥73話冒頭シーンにある
     妻とは?2人の存在は誰と誰?

    ①後遺症はあるはずです。
     脳幹は無事、
     ※作中で言ってる
     生命維持に必要な最小限=脳幹は無事

     仮に小脳も無事としても
     動かすための指示をする
     大脳が働いてなかったので
     意識が回復してもそれ以外の線は
     繋がっていない可能性があります。
     その程度の深さが気になります。
     リハビリによって全て回復するのは
     奇跡✖️奇跡ですね…

     ありそうなのは、
     運動麻痺、意識障害、感覚障害、
     構音障害、視覚障害、記憶障害、失語、
     有力なのは
     運動麻痺で車椅子生活でしょうか…
     車椅子生活として障害者となった
     ヒナ姉の手足となり添い遂げる?

     余談ですが、植物状態でも
     目を開ける事って普通にあります。
     むしろ目は開いてるのが普通です。
     当然、意識はありませんし、 
     認知もしていませんが…
     作中で実は意識回復してませーん
     って事はないでしょうけども。

    ②ヒナ姉は落胆するでしょうし、
     自分を責めると思います。
     自分がいなければと考えそう…

    ④無言で首を横に振りそう
     ナツオ渾身の説得楽しみにしてます。
     ヒナ姉が幸せになる事が
     ナツオのそして家族の幸せになる事を
     教えてあげてください。

    ⑤ヒナ姉との子供ができたら
     ハルカちゃんから半分を渡すって素敵ですね!
     ページ数足りるか気になりますが…。

    ⑥ただいまーの2人とは
     ヒナ姉とヒナ姉との子供?
     ハルカちゃんとヒナ姉の子供? 
     どっちにしろ数年後に
     幼子と【妻】がいますね。
     
    ラスト楽しみです。

    話し変わりますが、Twitter荒れてますね…
    作者先生もリプライ欄が毎週
    苦情受付センターみたいになってると……
    ですが、
    個人的には作品を批判するのって
    悪い事では無いと思ってます。
    十人十色、蓼食う虫も好き好き、
    色々な考えや意見があると思います。
    それだけ先生の作品が
    好きで期待しているからこそだと思います。
    それに反対意見があるから
    勉強になって成長出来ると思います。
    残念ですが、先生の描きたいモノや
    想いが伝わらなかったのかもです…。
    流石先生の作画は素晴らしく、
    それだけでも努力や苦労が伝わってきます。
    そんな努力に努力を重ねてきた
    先生ですから、この経験も生かして
    より高みを目指して頑張ってほしいです。
    期待されてるからこそ、
    反対意見もあると思って頂きたいです。

    作品への批判や意見はともかくとして、
    作者先生や編集部の方々といった
    個人への批判は絶対にダメです。
    人格を否定するのは間違っています。
    なくならないでしょうが
    それをわかって書き込んでほしいです。

    • 流石先生への批判というか中傷はとんでもありませんね!こんな素晴らしい作品を描いてくれているのに!ルイ派とヒナ姉派すべての人たちが満足する展開なんて不可能です。でも自分の思い通りの展開にならないからって先生を非難するのは間違っています。今はあと一話というのが本当に寂しいです。

      • これはまさにですね!

        ここまで夢中になって毎週気になる作品は稀です。
        そこまで楽しませていただいたので感謝こそすれ・・・

        後一話・・・寂しいですね。

    • こんばんは!
      6番のただいまーの2人はそう言えば気になりますね。妻はここからルイということにはならないと思います。だとすれば妻はヒナ姉。じゃあたあいまーと舌足らずな挨拶はヒナ姉との子供かもしれませんね。

      • こんばんは!

        この展開は最終回のラストのラストシーンかもしれませんね。
        真相は・・・陽菜なのか・・・それとも・・・

    • こんにちは!

      ハルカのことを考えれば複雑ですね。
      ハルカの立場で考えれば

      なんでパパとママって結婚してないの?
      ってなるのは必然だと思いますし、
      物心がついてきたというか
      世間というものが分かった時に自分の家は普通ではない
      というのを理解してくると思います。

      しかし、普通って何?
      とも思うんですよね。

      今後核家族という形態はどんどん衰退していくと思いますし
      同性婚で養子という家も増えてくると思います。

      夏生自身そういう題材を元にした作品を手掛けていくことも今後考えられますし
      常識でとらわれない家庭。

      そうハルカが受け入れられるのか?
      心配ではありますけど期待したいですね。

      個人的に気になっているのが
      ルイから陽菜への夏生の気持ちの移り変わりがなんとも速いというか・・・

      陽菜の気持ちを知って
      それでも一度はルイを選んだのにも関わらず
      なぜか当然のように陽菜に傾いた・・・

      事故やこれまで陽菜が自分で語ってこなかった経緯。
      そういうのを含めて夏生は心を動かされた言う事なのでしょうけど・・・

      散々ルイに振り子を傾けていたのに
      陽菜に何かあると思わせ
      そして事故⇒ルイから陽菜に鞍替え。

      鞍替えというのは
      言い方が悪いですけど・・・

      その辺りはちょっと・・・と思わなくもないですね。

      夏生と結婚しないと決めた時
      ルイは涙を流しました。

      あの涙はやはり夏生はルイを好きだけど
      陽菜を選んだ。

      その別れ・・・

      でも家では両親としてハルカを一緒に育てている。

      この辺りの気持ちはちょっと共感できないというか体験できることではないので
      ルイがどういう気持ちで夏生を接しているのか分かりませんね。

      5年経って、ルイ自身は陽菜と夏生が結婚するということに対して
      そこまで強い感情を持った描写がありません。

      夏生をどう思っているのか・・・
      その辺りが気になりますね。

      そして、陽菜が起きた後・・・
      最終回は少しスキップしているのではないか?

      という意見がありました。
      個人的にもそうなるんじゃないかな?と思います。

      陽菜が起きて夏生たちが駆けつけて
      というシーンは描かれず

      そのまま例えば陽菜と夏生の結婚式とか・・・
      そう言う展開になるのではないかと予想しています。

      その件で陽菜の後遺症がどうだとか・・・
      陽菜とルイ・・・姉妹で話す機会とかもあるんじゃないでしょうか?

      ハルカと陽菜のふれあいとかもみたいですよね。
      最終回・・とても楽しみです。

      流石先生のTwitter・・・
      やはり先生も批判を覚悟で自分の描きたいと思う物語を描いていると思います。
      陽菜ファンにルイファン・・・
      どっちも納得させられる展開なんて無理でしょうし、

      最後は流石先生が思える最高の大団円を見せて頂ければファンとして満足です。

  • 夜中に失礼します。

    5年前にルイから誘われて一緒に食事へ行こうとしてデパートの前を歩いてたところへ小椚が飲酒運転してきた一台の暴走してきた車がヒナ姉とルイへ向かって突進して、危険を察知したヒナ姉が歩きながらパンフレットを見るのに夢中になってたルイを突飛ばし、ヒナ姉が車に牽き倒されて頭から大量出血してしまって以来、意識不明の状態に陥ってしまいました。

    そこでも教師時代に夏生とペアで揃えたリングのペンダントを着けてたから、そのリングのペンダントと医師による緊急手術が成功したおかげで一命を取り留めたものの植物状態になり、それ以来 寝たきり状態が続いて、恐らく主治医がわざわざ夏生の家まで往診に来てもらってたのではないか?と思われます。

    ヒナ姉が目を覚ますのは5年前に前述の小椚が飲酒運転してきた車に牽き倒されて以来なのでしょう!?
    目を覚ました後が気になるところで、元気だった時の記憶が残ってるかどうか?が懸念されますし、以前にヒナ姉が牽き倒された話のネタバレの時にも挙がったと思いますが、記憶喪失になってる可能性だってあるのは否めません。
    目を覚ました直後に「ここは何処?私は?」と呟き、夏生とルイと娘のハルカを見るや否や「あなた達はいったい誰なの?」と尋ねるような素振りまで見せるかもしれませんし・・・。
    そうなると、夏生とルイがヒナ姉に自分達の存在を思い出させようと手を尽くすも、なかなか思い出せず、ハルカも「ヒナちゃん、わたしはハルカ、ナツオパパとルイママの娘だよ!」と呼び掛けても直ぐには現実を受け止められないかもしれません。
    ヒナ姉の記憶が完全に甦るようになるまでは相当の年月を要するかもしれませんし、残りの一話で描かれるかどうか?正直言ってわかりません。

    夏生とルイは戸籍上はまだ籍を入れてなく事実婚(または 内縁)関係で娘のハルカを育てながらヒナ姉の世話をしてる状態で、夏生とヒナ姉は婚姻届は出せないものの気分的な夫婦になれるかどうか?わかりませんし、ハルカにとっては複雑でしょうが、2人のママを持つ事に抵抗がないのか?疑問が残るかもしれませんが、ハルカは性格がヒナ姉によく似て人懐っこそうな感じがするから、2人のママを持つ事に喜びを感じるでしょう。
    ただ、小学校に上がってから家庭環境の為に周囲から偏見を持たれるかもしれませんが・・・!?

    • こんばんは!

      記憶喪失になっている可能性もあるわけですね。
      後頭部に強い衝撃を陽菜は受けたということなんで
      記憶をつかさどるところは無事であると願いたいですが・・・

      後一話で記憶喪失云々やっても仕方ないと思いますので
      無事に目を覚ました

      という件をお願いしたいところですよね。

      さらに
      夏生からもらった指輪を指に通した感覚で目が覚めていることを考えても
      やはり記憶はあるんではないでしょうか?願望も多大に含んでいますが・・・


      この5年で夏生やルイは成長していると思います。
      子を持つ親ですしね。

      そんな夏生を前に陽菜はどんな反応を示すのか楽しみな所ですが、
      この部分もやはりラスト一話ということでダイジェストになるんじゃないか?と思っています。

      目覚めから少し時間が経ったところから最終話がスタートするんじゃないでしょうか?

      陽菜とルイとハルカ、夏生
      4人の関係が最終話で描かれることになると思います。

      幸せな展開であることを願うのみですね。


      案外ハルカは

      ヒナちゃん!

      と陽菜にべったりの可能性が高いですよね。

    • さらにハルカぎヒナ姉をどう捉えるか?ここも重要ですね。歳の離れた友達なのか?もう1人の母なのか?最終的にルイのことをママ。ヒナ姉のことをヒナママとか呼ぶと納まりがいい気がしないでもないですが、どうなんでしょう?

    • こんにちは!
      ヒナ姉が目覚めてくれたのは嬉しいですけど、記憶があるかどうかわからないんですよね。夏生の指輪を指にはめた事で目を覚ましているので記憶があると願いたいところですけど、正直なんとも言えませんね。まさかの記憶をなくしたまま、無表情で最終話を過ごして、最後にヒナ姉が笑顔になって終了。とかもあり得るわけですし。

      • こんばんは!

        無表情でずっと過ごしてラストのラストで笑顔ですか・・・
        それはちょっと悲しいとは言いませんが・・・
        望んだラストではないですね。

        幸せ一杯で終わってほしいんですけど・・・
        やはり・・・陽菜の容体が実際どうなのか?もわからないですし・・・

        どうなるやら

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です