オリエント(漫画)93話最新話のネタバレ情報!!

2020年7月1日に発売する週刊少年マガジン30号に搭載予定のオリエント93話!

Sponsored Links



淡路島に上陸した武蔵たち。
目標は八岐大蛇の撃破ですが、
その前に黒曜石の八人の内3人が立ちはだかっています。

そのうち、直江、尚虎が四朗と静六を撃破。

武蔵は残る一人八咫郎の元に向かっています。

今回は少しこれまでのエピソードを整理して今後の展開を考察していきたいと思います!
ちなみに最新話93話の前話、92話のネタバレや考察は
こちらからどうぞ

 

オリエントネタバレ

考察の前に

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

↓こちらもマンガが無料で読めますよ↓


※誤って今回のオリエント最新話93話のネタバレ考察記事に来てしまった方や、ネタバレや考察記事が苦手な方はお戻りくださるようお願いします!

では行ってみましょう!

オリエント最新話93ネタバレ考察

では早速オリエント93話のネタバレ予想というか今後の展開予想をしていきたいと思いますが、

まずは主要キャラクターの現状の状況をおさらい!

武蔵

黒曜の女神を宿す宿主。
黒曜の女神のことを直江に教えてもらい
黒曜の女神の血を飲む。

淡路島作戦では
八咫郎の討伐を期待されており
八咫郎の元に向かうも
その向かう部隊を島津の武士団に乗っ取られ気味で・・・

目的は八咫郎からのみちる奪還

小次郎

武蔵と供に淡路島への作戦に参加するも
武蔵とは別行動。
自分が最も平凡な青色の刀気であることを気にしていて
少し表情に影が差してきている。

つぐみ

武蔵や小次郎の相棒的な存在。
小次郎について小次郎と供に淡路島の作戦に参加

みちる

黒曜石の八人の一人
八咫郎が生み出した晶石の娘。
スパイとして上杉軍に紛れ込んだがそこで出会った武蔵に恋をいう感情を植え付けられる。
そのことで八咫郎に刃向かう様な態度をとるも
八咫郎に記憶を消されてしまう。

島津武士団

武蔵と一緒に小隊を組むが
元々連携が整っているうえに
かなりの戦闘力を持つ。
リーダーの秋弘を筆頭に
武蔵たちと尼子たちを自分たちの下につかせ、
淡路島で功績を打ち立てようと目論んでいる。

武蔵に黒曜の女神が眠っていることを知らない。

直江兼竜

上杉軍の筆頭の戦力の武士。
単独で淡路島に上陸し
犬川静六と対峙
無事に撃破する。

武田尚虎

武田武士団のリーダー
淡路島の作戦では
上杉軍と共に八岐大蛇の撃破を目指す。

尚虎は単独で犬飼四朗と対峙し
青刀武士でありながら白色武士である四朗を退ける。

上杉竜臣

上杉軍のリーダー
先の戦いで四朗に腕を切り取られ
淡路島に幽閉されてしまう。

犬飼四朗

黒曜石の八人の一人
圧倒的な戦闘力を持つ
伝説上の存在とも言われる
白色の刀気を持つ存在。
尚虎と対峙し
尚虎の奥の手で退けられる

犬川静六

黒曜石の八人の一人
策略家で今回の淡路島の戦いを淡路島側から指揮
直江と淡路島で対峙し
直江に撃破される。

八咫郎

黒曜石の八人の一人
みちるを能力で生み出した。
鉱石から人間を生み出す特殊な能力を持っている。
武蔵に恋焦がれたみちるの記憶を消し
武蔵に絶望感を与えた。



Sponsored Links





オリエント93話今後の展開!

さて人物をおさらいしたところで今後ですが・・・

淡路島での戦いも佳境に入ってきています。

八岐大蛇を守護していた黒曜石の八人の内
四朗と静六を上杉軍は撃破することに成功。
あとは

八咫郎と八岐大蛇だけとなっています。

 

ここで問題なのは武蔵が不安定であるということでしょうか・・・

黒曜の女神の血を飲んだと言っても
黒曜の女神の力は自由に使うことが出来ておらず、

さらに一緒に淡路島に上陸した島津達に
部隊を乗っ取られてしまいました。

 

島津の面々も
自分たちが功績を立てて認められないと
立場的に危ういものになるのはわかりますが・・・

 

正直島津の面々に黒曜石の八人の一人である八咫郎を倒すことは不可能だと思われます。

 

頼みの直江や尚虎はすでに満身創痍で戦うことは敵わない。
であるとすれば武蔵が八咫郎を倒さなければならない状況で
武蔵自身は自分の仲間内に邪魔されて戦うことが出来ていません。

 

黒曜の女神の力を使えば
武士たちの刀気を繋ぐことなく<使う>ことが出来るようになります。

 

武蔵自身
刀気を繋いで戦う事を苦手としていますが
無理矢理使うことが出来れば、元々の能力もあってかなり戦えるようになるはず。

武蔵自身がそういう展開に持っていけるかどうか・・・
が鍵になってきそうですね。

尼子の面々とは上手く行っていますが・・・
島津の面々はやられてしまうともろそうです。

八咫郎は
自分の身の周りに晶石で生み出した娘たちを配備して
数の力で武蔵たちに襲い掛かってくると思います。

そうなれば島津の面々も多勢に無勢。
劣勢になった時に
武蔵の黒曜の女神の力が目覚めると展開としては面白いかもしれません。

 

黒曜石の八人全員を撃破出来れば
あとは上杉軍の黒服部隊が八岐大蛇を討つだけとなります。

そこまで武蔵がたどり着くことが出来るのか・・・

 

次回オリエント93話は
2020年7月1日発売の週刊少年マガジン31号に搭載予定です!

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です