アクタージュ120話最新話のネタバレ、あらすじと感想!121話考察も

2020年7月13日発売の週刊少年ジャンプ32号を読みました!
アクタージュ最新話120話<もっと>も読みましたので、早速ネタバレ、あらすじ感想をお届けします。

Sponsored Links



前回アクタージュ120話以前を詳しく知りたい方は

アクタージュネタバレ

からご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

アクタージュ【120話】最新話のネタバレ、あらすじと感想!121話の考察も!

U-NEXT https://video.unext.jp/

では、早速行ってみましょう!

アクタージュ【120話】最新話のネタバレとあらすじ

環と夜凪と皐月

薬師寺真波を演じる三人は共同で生活を始めた。

朝・・・三人で川の字で眠りこける。
その後起きだしてき環は江の島までランニング。

夜凪は三人でやったじゃんけんに負けて
朝食の用意をする。

皐月は人生で初めてのお風呂掃除。

全てはじゃんけんで決めた家事分担。

そこに環が次はトイレ掃除の係りをじゃんけんで決めようと言い出して・・・

 

 

環の猛烈なじゃんけんの強さを思い知った夜凪と皐月は早速抗議の声をあげ始める。

 

朝から賑やかな三人。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひと騒動終えると

夜凪の作った朝食
イワシの塩焼きと出汁巻き卵に舌鼓を打ちながら
今後の予定を立て始める。

 

1話目の撮影は
6日後。

前日にはリハが行われるために
その前日リハまでにはある程度演技のプランを作り上げていなければならない。

 

その為・・・一話目で真波を演じる皐月に
残された時間は実質4日。

 

自分で作った朝食をもぐもぐしながら
夜凪が皐月に提案したのは

まずは皐月の真波が確認したいということ。

 

本読み。

それを行った上で
意見をすり合わせていって
真波像を作っていこう・・・

 

そういう話になった。

 

皐月の本読みの相手は
環がつとめることに・・・

 

そんな夜凪の提案に
皐月は緊張した面持ちでうなずいていて・・・

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

皐月はこの日のために薬師寺真波の情報を集めていた。
7歳で母を亡くし
その後は母方の祖母文代とい一緒に暮らすために鎌倉にやってきた。

 

7歳にして日常が一変した真波。
そんな真波の楽しみは

映画の劇場に足を運ぶこと。

それも文代の目を盗んでまで足を運ぶほどの熱の入りようだった。

 

時代は無声映画から
音声の映画へ・・・

 

娯楽の乏しい時代
その時代において映画は熱狂的に大衆に受け入れられた。

 

 

真波もいつしか活弁士だった母の姿を求めるかのように
女優を夢見るようになる。

だが・・・文代はそんな真波の夢を応援することはなかった・・・
自分の娘が・・真波の母が
芸能に殺されたと思っていた文代が

真波の夢を快く思う事はあるはずがなかった・・・

Sponsored Links



 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です