アクタージュ121話最新話のネタバレ、あらすじと感想!122話考察も

2020年7月20日発売の週刊少年ジャンプ33号を読みました!
アクタージュ最新話121話<また一歩>も読みましたので、早速ネタバレ、あらすじ感想をお届けします。

Sponsored Links



前回アクタージュ121話以前を詳しく知りたい方は

アクタージュネタバレ

からご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

アクタージュ【121話】最新話のネタバレ、あらすじと感想!122話の考察も!

U-NEXT https://video.unext.jp/

では、早速行ってみましょう!

アクタージュ【121話】最新話のネタバレとあらすじ

恒例の本読み・・・
皐月の不安を解消するかのように本読みが行われるが・・

夜凪が・・・

今日はこれでお終い

すぐに本読みを切り上げてしまう。

そんな夜凪に焦る皐月。

今日はほんとに全然やってない。
自分に自信がない皐月は夜凪に猛烈な抗議をするが・・・

夜凪は

本読みよりも大切なことがあると皐月に説く。

本読みよりも大切な事?
皐月には思い至らない・・・

そんな皐月に夜凪が言った事・・・
それは・・・

自分を知る事。

 

 

益々意味が分からない。
そんな表情を見せる皐月に
夜凪は・・・

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

皐月の自由帳の見開き一ページには


皐月自身が書いた自分の分析が書かれていた。

 

天才女優
めいのさつきについて!

 

そう題されたページに

かわいい
一万年に一人の美少女
頭もいい
テスト学年一位

 

など皐月が自分に自信のあることが書かれていた。

 

夜凪はそれを見て・・・


足りないわ

 

あっさりと足りない・・・
この自由帳全部に書くぐらいじゃないと

 

 

そう主張してくる。
しかし、皐月には夜凪が言わんとしていることがイマイチわかっていなかった・・・

 

 

こんなことをしていて本当に意味があるのか?
もう残された日数は少ない。
その中で薬師寺真美をも<あっ>と言わせる役作りをしなければならない・・・
なのに・・・

 

このままでは危ない・・・

 

皐月は危機感に駆られている・・・
そんな皐月に夜凪はでは何がしたいのか?

 

そう聞いてしまう。

 

 

皐月は自分が誰かに憧れたことはないと言う・・・
薬師寺真波は撮影所に訪れて
その場所が憧れとなった・・・

 

しかし、自分は物心ついたらもう芸能人・・・
正直憧れとかよくわからない。

 

そう夜凪に主張すると・・・

 

まだ早いです

 

憧れを知るのは夜凪にまだ早いと言われてしまって・・・

 

この自由帳を埋めていけば必ず真波に近づける。

 

そういう夜凪を皐月は微妙な面持ちで見つめていた・・・

 

Sponsored Links



 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です