ヒットマン(漫画)102話最新話のネタバレ、あらすじと感想!103話の考察も!

2020年7月22日発売の週刊少年マガジン34号を読みました!
瀬尾公治先生の漫画作品ヒットマンの最新話102話も読みましたので、
早速ネタバレ、あらすじと感想をお届けしたいと思います。

Sponsored Links



前回詳しくは

ヒットマンネタバレ

をご覧ください!

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

こちらを利用すればマガジンを無料で読むことも出来ます!
U-NEXTでヒットマン102話を含む週刊少年マガジン34号を無料で読む

ヒットマン(漫画)102話最新話のネタバレ、あらすじと感想!103話の考察も!



では、早速行ってみましょう!

ヒットマン(漫画)102話最新話のネタバレ、あらすじ

クレイジー・・・
そういきなりジャンヌに言われた龍之介は思わず固まってしまう・・・

連載について龍之介と打ち合わせをするジャンヌ。
週刊連載・・・
その連載内容がフランス人のジャンヌからすれば狂気の沙汰ではないか・・・
そう言われた龍之介は思わず固まってしまっていて・・・

一般的にフランス人に週刊で20ページの漫画の連載。

これは絶対に狂気だと言われても仕方ない仕事量で言わざるを得ない。
フランスにはそもそも週刊連載という文化はないし、
年間で本一冊出版できればかなりの速筆家扱いとなるという・・・

龍之介は
外国人の週刊連載作家が少ない理由にやっと合点がいき・・・

そもそもジャンヌ自身
龍之介から週刊連載の漫画家にならないか?

そう誘われた時に
狂気の沙汰であると感じていた・・・

しかし、その考えが変わったのは・・・

実際に連載している作家に会ってから・・・
同じ世代で同性である翼や島風に会ってみて、

超人ではなく普通の女性であったことに驚いたジャンヌ。

彼女たちに会ってみて
ジャンヌの考え方は変わっていった・・・

出来ないと考えているからできないのであって
出来ると思っているのならば
それが普通にできてしまうものなのだと・・・

そう考えて龍之介の提案を受けることにしたと語るジャンヌ・・・





そんな哲学的なことを話すジャンヌに
龍之介は週刊連載の漫画家は実際に体力面でもすごい事を話しだす・・・

脳裏には夜の翼・・・

翼はベットの上では本当に獣の様に貪るので・・・
逆に龍之介の方が干からびることがザラ・・・

そんな事を苦笑いを話す龍之介。

ジャンヌもすでに龍之介を全面的に信頼しており
一緒に頑張ってくれると言ってくれた・・・

龍之介さんが・・・

ジャンヌは龍之介をそう呼ぶ。
龍之介を目を見て
真正面から・・・

 

 

ずっとジャンヌの龍之介呼びが
若干気になっていた龍之介。

 

龍之介個人は別にいい・・・
だが・・・翼がこの呼び方を知れば・・・
龍之介の命が危ない気がする・・・

 

そんな危惧があって・・・

 

Sponsored Links



 

続きは2ぺージ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です