ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)169話最新話のネタバレとあらすじに感想!170話の考察も!

2020年8月11日発売の週刊少年ジャンプ36,37合併号を読みました!
ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)最新話169話も読みましたので、
早速ネタバレ、あらすじ感想をお届けしたいします。

Sponsored Links



ぼくたちは勉強ができない169話以前のお話を詳しくは
ぼくたちは勉強ができないネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)169最新話のネタバレと感想!170話の考察も!

では、早速行ってみましょう!

ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)169話ネタバレとあらすじ

文化祭の後夜祭のあの花火で
あすみの手を取った成幸・・・

あれから・・・

明日の夜の小妖精編・・・スタート

ほんとに結ばれちゃッタラ・・・どうする?

あの花火の日・・・
そう悪戯っぽく言ったあすみ・・・

あれから月日は流れ・・・

数年後・・・

ボロボロの校舎・・・
その校舎で・・・プルプルと震える女性の教師が・・・
紹介する男性の新人教師。

今日から皆さんの担任になる唯我です。

成幸は女性の教師に促されるように自己紹介した・・・
だが・・・

クラスはカオスにカオスを重ね掛けしたかのような喧騒で・・・

それも無理もない・・・
成幸が赴任したのは離島・・・
それも子供が少なくて小学校から中学校の学生をひとまとめにして
一クラスにしたようなそんな学校だった・・・

 

職員室に戻った成幸は
そこにいたベテランの先生に囲まれて話に花を咲かせる。

 

大学を卒業して二年・・・
色々あった成幸はこの小さい離島の学校に教師として赴任することになった。





 

だが・・・色々と問題も山積みなわけで・・・



 

放課後・・
成幸はよろよろとよろめくように歩きながら
下宿先の詳細を確認しなかったことを後悔していた。

 

学校から下宿までなんと三キロ・・・
東京の電車で二駅くらいの距離があった・・・

 

しかも春だというのに・・・
とても暑い・・

くらくらするほどの疲労と暑さに成幸がめまいを覚えていると・・・

 

後方から・・・

ぼっーっと本を読みながら歩いている女の子が成幸の目に留まる。

 

たしか・・・受け持ったクラスの・・・
志摩ユカリさんだっけ?

 

まだ覚えたての名前を記憶からほじくり出す成幸・・・

 

その女子はずっと本を読みながら歩いているのだが・・・
足元がおぼつかないようで・・・
フラフラと揺らめくように歩いていて・・・

 

そのまま・・ふらっと

 

倒れる寸前に成幸が走り出す。

 

なんとか志摩ユカリを地面にたたきつけられる前に支えることに成功したものの・・・
このままではマズイ・・・

 

そう思った成幸は・・・

 

彼女を連れて島で唯一の診療所にやってきていた・・・


Sponsored Links




続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です