ヒットマン(漫画)108話最新話のネタバレ、あらすじと感想!109話の考察も!

2020年9月9日発売の週刊少年マガジン41号を読みました!
瀬尾公治先生の漫画作品ヒットマンの最新話108話も読みましたので、
早速ネタバレ、あらすじと感想をお届けしたいと思います。

Sponsored Links



前回詳しくは

ヒットマンネタバレ

をご覧ください!

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

こちらを利用すればマガジンを無料で読むことも出来ます!
U-NEXTでヒットマン108話を含む週刊少年マガジン41号を無料で読む

ヒットマン(漫画)108話最新話のネタバレ、あらすじと感想!109話の考察も!



では、早速行ってみましょう!

ヒットマン(漫画)108話最新話のネタバレ、あらすじ

一人自宅で黙々と作業するジャンヌ。
ふと時計を見ると

9:10
を差している。

 

時間に気が付かずに夢中で作業していたジャンヌは
出かける準備をしないと・・・
そう思い立ち上がる。

だが・・・立ち上がる中で作業していたタブレットをふと見つめて・・・

 

もう少し進めておきたかったですね・・・
そんなことを独り言ちた。

 

アンケートの結果が一位。
その圧倒的な人気に後押しされているが、しっかりとストーリーを練る時間を作らないと
この順位は維持できない。

そんなことを考えながら
ジャンヌは出かける支度を始めた。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジャンヌが繰り出したのは
カフェのテラスで行われた雑誌の取材だった。

龍之介を伴って出向いたジャンヌ。
龍之介はジャンヌが質問など困った時に手助けをする。
助け船を出す。

それが役割だと思ってこの取材に帯同していたが・・・

 

龍之介は隣に座るジャンヌを見る。

京極先生のことを答えるジャンヌ。
師匠ともつかない京極先生。
その京極先生のことをよどみない日本語で丁寧に答えていくジャンヌを見て龍之介は・・・

 

 

自分の存在意義について考える。

 

周りを見ればテレビのカメラも入っている。
スラスラと質問に答えていく20歳のフランス人作家。
異国の地で初めての挑戦に戸惑っているだろうから・・・

そう思って龍之介もジャンヌの取材について来ていたが・・・

自分はただただ緊張してジャンヌの隣に座っているだけ・・・

 

俺・・いらなくね?

 

もう一度ジャンヌを見る龍之介・・・
ジャンヌは余裕があるのか・・・
小粋なジョークまで飛び出している。

 

もう完全に龍之介の存在は必要とは思えなかった・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

取材を終えて
帰る挨拶をするジャンヌと記者。

その様子を龍之介がぼーっと眺めているとジャンヌから
心配そうに声がかかった・・・

 

どうかしたのですか?

 

ぼーっとしている龍之介を心配してジャンヌが声を掛けてきたのだが・・・

Sponsored Links



 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です