オリエント(漫画)102話最新話のネタバレ、あらすじと感想!103話考察も!

2020年9月16日発売の週刊少年マガジン42号を読みました!
オリエント最新話102話赤の呪縛も読みましたので、早速ネタバレ、あらすじ感想をお届けしたいと思います。

Sponsored Links



前回詳しくは
オリエントネタバレ

をご覧ください
これからネタバレが始まります。

その前に

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

こちらを利用すればマガジンを無料で読むことも出来ます!
U-NEXTでオリエント102話を含む週刊少年マガジン42号を無料で読む

オリエント(漫画)102話最新話のネタバレ、あらすじと感想!103話考察も!

では、早速行ってみましょう!

 

オリエント(漫画)102話最新話のネタバレ、あらすじ

刀気を繋ぐ春久たち島津の武士たち。
鬼の角の前で待つ

武蔵に向けて・・・
その連鎖を繋いでいく。

しかし・・・

バチ

最後から二番め
春久まで繋がった刀気が
突如意図しない方向に流れ出し

その先にいるのは秋弘。

秋弘が春久たちの繋いだ刀気を横取りして
またもや鬼神に攻撃をしていた。

何を考えているんだ・・・秋弘・・・

苦々しく秋弘を見つめる春久。

そんな春久を無視して秋弘は鬼神に
攻撃を繰り返していた。

春久たちが繋いだ刀気の連携を
途中で横取りして
そしてその刀気を駆使して鬼神に攻撃する。

春久から見ても秋弘の行動は意味が分からない。
でも・・・
秋弘の攻撃は一撃一撃に
魂が籠っていて・・・

我武者羅に鬼神を攻撃し始めた秋弘に
島津の小隊のメンバーたちも
そして・・・

島津の武士たちも困惑する。

島津の武士の一人
夏樹は秋弘の行動を

 

武蔵が自分の役割を横取りしたと思って気にくわないのではないか?

 

そう分析したが・・・

 

春久はじっと秋弘を見つめる。

 

胸に燻り続ける想いがある春久・・・

自分が角を折り・・・手柄を立てたいに違いない・・・

 

だが・・・

 

秋弘は本来手柄など興味がなかったのでは?

 

島津の武士が春久にそう言及する。

昔は・・・だが・・・
戦場に出てからの秋弘は・・・

 

赤刀武士の命令に青刀武士は従うべき
そう主張して手柄を横取りしてきたではないか・・・

 

秋弘など信用できない。

 

島津の武士にそう言い聞かせ
これまで通り武蔵に刀気を繋ぐ。

 

そう主張する春久だが・・

 

春久は鬼神に攻撃を続ける秋弘を見つめる。

 


 

 

何がしたいのか全く分からない秋弘。

まさか・・・この期に及んで
昔の気持ちを忘れていない。

そう言いたいのか?

 

春久は自問する・・・・

 

だが・・・答え等でるはずもなく・・・

 

 

秋弘の昔の気持ち・・・
最後から二番め・・・最前列の武士に刀気を届ける役目。

それをやりたいと主張した幼き頃の秋弘。

その頃の気持ちに嘘はなく
今もその気持ちだと・・・言いたいのか・・・

 

だが・・・そんなこと許されるはずがないではないか・・・

Sponsored Links



 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です