オリエント(漫画)107話最新話のネタバレ、あらすじと感想!108話考察も!

2020年10月28日発売の週刊少年マガジン48号を読みました!
オリエント最新話107話最高傑作も読みましたので、早速ネタバレ、あらすじ感想をお届けしたいと思います。

Sponsored Links

前回詳しくは
オリエントネタバレ

をご覧ください
これからネタバレが始まります。

その前に

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

こちらを利用すればマガジンを無料で読むことも出来ます!
U-NEXTでオリエント107話を含む週刊少年マガジン48号を無料で読む

オリエント(漫画)107話最新話のネタバレ、あらすじと感想!108話考察も!

では、早速行ってみましょう!

次話ネタバレ更新
オリエント108話ネタバレ

 

オリエント(漫画)107話最新話のネタバレ、あらすじ

黒服部隊の面々が鬼鉄を鬼鉄刀が吸収できないことを不信に思う中・・・
武蔵はみちるを探していた。

武蔵が秋弘に尋ねると・・・
秋弘はみちるを覚えていなかった・・・

武蔵が途中まで島津小隊に居た女武士だと説明すると、
秋弘も合点がいった様子を見せるが・・・

あの女は鬼の手先だろ?

秋弘の言葉が武蔵を突き刺す。
周囲は上杉の殿様である竜臣が帰ってきたこともあって
歓喜の様相が大きく、
武蔵に取り合ってくれる人はいない。

そんな中・・・

その女なら
俺はあったぞ。

そう武蔵に言ってきたのは・・・
上杉の主君。
竜臣その人だった・・・


武蔵が竜臣に詰め寄り
みちるのことを聞き出そうと竜臣に迫る。

 

竜臣は周囲の状況を見て回り
みちるを見たのは山中の敵の根城・・・
その山に鬼鉄が集まっていっているこの状況・・・

何かあるのかもしれない。

 

底知れない嫌な予感を竜臣は感じており、

敵の根城に捕らえられていた時に
みちると竜臣は言葉を交わしたことを武蔵に話す。

 

みちるは囚われた竜臣の元にやってきてムサシを知っているか?
そう尋ねたという・・・

 

竜臣は間者騒動の時に庇っていただろう・・・

そう言うと、みちるは武蔵のことを覚えていないという・・・
だが・・・

むさし・・・
そう呼ぶと胸が熱くなる・・・

 

自分のとても大切だった人・・・

 

だが・・・父である八咫郎は武蔵のことを忘れろという・・・
仕事の邪魔だと・・・

みちるは消えた方がいいと・・・

 

たった一人の父にすら消えろと言われている自分。
世界中の誰とも・・・きっと・・・むさしとも・・・

 

自分は石ころのような存在なんだと・・・

 

 

そう言っていた・・・

 

そう上杉竜臣に聞かされた武蔵。

 

顔を伏せると
歩き始める。

 

みちるを探しに行ってくると・・・

 

その歩き出した武蔵に
つぐみと小次郎はついていく。

 

竜臣も部下たちに山中の異変を調べると命令し
その武蔵に続いた・・・

Sponsored Links

 

続きは2ぺ―ジ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です