ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)181話最新話のネタバレとあらすじに感想!182話の考察も!

2020年11月9日発売の週刊少年ジャンプ49号を読みました!
ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)最新話181話も読みましたので、
早速ネタバレ、あらすじ感想をお届けしたいします。

Sponsored Links



ぼくたちは勉強ができない181話以前のお話を詳しくは
ぼくたちは勉強ができないネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)181最新話のネタバレと感想!182話の考察も!

では、早速行ってみましょう!

ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)181話ネタバレとあらすじ

修学旅行で九州にやってきた成幸一行。

大宰府を前に
桐須真冬先生の菅原道真公についての講釈が延々と続いていた。

 

生徒たちは成幸に助け船を出してもらうべく視線を送る。
最早小一時間もの間
ずっと道真公について語り続ける真冬。
生徒は自由行動を前に
この延々と続く地獄のような講釈に辟易していて・・・

 

生徒の視線を敏感に感じ取った成幸は
恐る恐る真冬に声をかける。

 

真冬が講釈を切り上げて生徒たちの顔を見てみると・・・
ずーん・・・

誰もが沈んだ顔をしていて・・・

 

成幸はここが脱出ポイントだとばかりに生徒たちに自由時間を与える。

 

やっと解放された生徒たちは
解き放たれたかの様に大宰府に散っていって・・・

 

その中にポツンと一人
まだ触りしか語ってないのに・・・

と一人悔しそうな真冬先生が佇んでいた。

 

成幸も成幸でそわそわしてしまう。
初めての修学旅行の引率。
それもこの日は自由行動の日。

 

見回りをしっかりしないと。

 

そう心に決める成幸だったが、
その成幸の心の空回りもしっかり見透かした真冬は・・・

 

成幸を嗜める。

教師たるもの
生徒の見本にならねばならない。
常に毅然としたふるまいを心掛けないと・・・

 

そう成幸に教師が何たるかを語った真冬だが・・・


数分後・・・

 

 

真冬は大宰府にある有名な御神牛像を前に興奮しまくっていた。

 

幸福を呼ぶという
牛の像を撫でまくり
これは生徒にも撫でさせなければ!

と興奮気味に成幸に力説する。

さらに大宰府の本殿に赴くと
その歴史的な建造物にこれまた興奮のパラメーターが振り切っていき・・・

 

思わず成幸の腕を掴み興奮気味に本殿を眺める真冬。

そこでハッと気が付く。
気が付けば自分が成幸と腕を組んで歩く結果になっていることに・・・

 

真冬はパッと離れると
咳払い。

 

取り乱してしまったわね・・・

恥ずかしそうにそういう真冬に

成幸はさすがは世界史教師・・・
歴史好きなんですね・・・

そう問いかけると・・・

Sponsored Links



 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です