ヒットマン(漫画)118話最新話のネタバレ、あらすじと感想!119話の考察も!

2020年11月18日発売の週刊少年マガジン51号を読みました!
瀬尾公治先生の漫画作品ヒットマンの最新話118話も読みましたので、
早速ネタバレ、あらすじと感想をお届けしたいと思います。

Sponsored Links



前回詳しくは

ヒットマンネタバレ

をご覧ください!

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

こちらを利用すればマガジンを無料で読むことも出来ます!
U-NEXTでヒットマン118話を含む週刊少年マガジン51号を無料で読む

ヒットマン(漫画)118話最新話のネタバレ、あらすじと感想!119話の考察も!



では、早速行ってみましょう!

ヒットマン(漫画)118話最新話のネタバレ、あらすじ

ジャンヌ=ルイーゼ・ミシェル(21)
画力10
生産量8
構成10
ストーリー10
運10

桂木マサト(53)
画力9
生産量6
構成10
ストーリー10
運8

小鳥遊翼(26)
画力7
生産量9
構成6
ストーリー6
運10

この三人が覇権をかけて戦い始めていた。

 

今週のアンケートもタッチアップが1位
二位がラブレター

しかし、一位と二位の間には
43.8%
34.4%

という差があって・・・

 

オルレアンの乙女は3位の32.0%

という結果だった。

 

編集部は湧きたっていた・・・
ベテラン桂木マサトの復活。

絶対王者になろうとしていたオルレアンの乙女を
抑えて5週連続の一位。
しかも二位以下をどんどん引き離している展開。

 

さらに二位の小鳥遊翼も
ショートマンガで二位・・・

こんなの見たことない!

ざわめく編集部・・・

そんな編集部を壁際で
鋭い眼光で睨み付ける視線が一つ・・・

副編集長の八神だった・・・
タッチアップの担当である八神は・・・


 

桂木マサトに言われたことを思い出していて・・・
漫画家が漫画を描いていて・・・一番楽しい瞬間は何している時かわかるか?

 

 

その答え・・・
その明確な答えを・・・

龍之介は持っていた・・・

 

 

伏線の回収・・・

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

龍之介はジャンヌと打ち合わせをしている中で
現状の流れを説明する。

 

20年にも及ぶキャリアをもつ桂木マサト
その間に張り巡らせた膨大な数の伏線を
ここにきて一気に回収。

それで勝ち回を連発することに成功している。

 

かたやジャンヌは連載を初めて数か月。
とても伏線なんて張れていない。

 

現在のジャンヌの展開は
次を見据えた溜めやフリを作る期間。

 

つまりジャンヌは
桂木マサトの勝ち回に対して
フリ回で戦わなければならないわけで・・・

Sponsored Links



続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です