ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)183話最新話のネタバレとあらすじに感想!184話の考察も!

2020年11月21日発売の週刊少年ジャンプ51号を読みました!
ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)最新話183話も読みましたので、
早速ネタバレ、あらすじ感想をお届けしたいします。

Sponsored Links



ぼくたちは勉強ができない183話以前のお話を詳しくは
ぼくたちは勉強ができないネタバレ

をご覧ください!

以下、ネタバレが始まります。

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

漫画を無料で読むには一番お得なU-NEXTで好きな漫画を無料で読む

ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)183最新話のネタバレと感想!184話の考察も!

では、早速行ってみましょう!

ぼくたちは勉強ができない(ぼく勉)183話ネタバレとあらすじ

学生時代の真冬は・・・
修学旅行にも・・・
文化祭にも・・・

参加できなかった。

他のクラスメイトたちはそんな事気にしない。
だって桐須真冬だから・・・

桐須真冬にはフィギュアがある。

氷上で華々しく拍手喝采を浴びる桐須真冬。

その代わり学生時代の全てをフィギュアスケートに捧げる女。

文化祭の準備に追われている学校に背を向けて
真冬は今日もスケートリンクに向かう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



文化祭当日。

思わったよりも早く上がれた・・・
これなら

急行

もしかしたら後夜祭くらいにはギリギリ参加できるかも・・・

真冬は急いで学校に向かう。

暗くなった学校・・・
そこには華やかな後夜祭が行われていた。

感激!

初めて参加する後夜祭。

真冬は感動に震えながらクラスメートと一緒にこの喧騒を楽しもうと

自分のクラスを探し、
自分のクラスの面々が盛り上がっている姿を確認する。

初めて・・・みんなと一緒に青春らしい青春を・・・

そう思ってクラスのみんなに駆け寄ろうとする真冬。

だが・・・
そこで・・・真冬の足が止まってしまう。

クラスのみんなが楽しそうにしているその輪に
入って行くことができない。

幼い頃から
両親に自分の周りは全て敵だと言われてきた。

自分にはフィギュアがある。
そう思って頑張ってきた・・・

でもここで気が付く。

そんなものはただの詭弁だということ。

 

 

本当は
恋焦がれて仕方ないのに自分は怖い・・・

他人の踏み込まれるのが・・・
踏み入ることが・・・

 

周りは全て敵・・・そんな環境に育った真冬にとって・・クラスメートとの青春・・・それは・・・

とても遠い場所だった・・・
自分の居場所があるのか・・・

 

他人を愛せるのか?

怖い・・・

結局・・・真冬は後夜祭をクラスメートと楽しむことができなかった・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

他人が怖い・・・自覚した高校時代の文化祭。

 

真冬は自分を好きだという成幸を見つめる。

 

 

自分はダメ・・・
出来るわけないのだ・・・
恋愛など・・・

Sponsored Links



 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です