ヒットマン(漫画)122話最新話のネタバレ、あらすじと感想!123話の考察も!

2020年12月23日発売の週刊少年マガジン4,5合併号を読みました!
瀬尾公治先生の漫画作品ヒットマンの最新話122話も読みましたので、
早速ネタバレ、あらすじと感想をお届けしたいと思います。

Sponsored Links



前回詳しくは

ヒットマンネタバレ

をご覧ください!

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

こちらを利用すればマガジンを無料で読むことも出来ます!
U-NEXTでヒットマン122話を含む週刊少年マガジン4,5合併号を無料で読む

ヒットマン(漫画)122話最新話のネタバレ、あらすじと感想!123話の考察も!



では、早速行ってみましょう!


次話ネタバレ公開
ヒットマン123話ネタバレ


ヒットマン(漫画)122話最新話のネタバレ、あらすじ

タクシーで桂木マサトの仕事場に向かう
龍之介、翼、北条の三人・・・
タクシーの中で北条は桂木の担当である八神に電話をかけ
状況を確認する。

桂木マサトは
目がもう見えない状態だが
最終回の原稿が掲載されるか否かが決まるまで病院には行かない

そう言っているようで・・・

龍之介は桂木マサトが翼にペン入れを許すとは思えない・・・
そう思っていたが・・・
翼は何も言わずに前だけを睨み付けるように見つめるだけで・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


一方・・・

桂木の仕事場ではアシスタント達が桂木を必死に説得していた・・・

病院に行った方がいい・・・話なら自分たちがする・・・

 

そう言うアシスタント達・・・

だが・・・桂木はガンとして首を縦に振らない・・・

 

編集長である北条から掲載の確約を取るまで自分は動かない・・・

 

そう言っていて・・・

 

そこに・・・

 

 

ピンポーン・・・

桂木の仕事場のインタ-フォンが鳴る。

 

 

 

アシスタントが玄関を開けると・・・
そこには・・・修羅の様な表情の翼と

その後ろに編集長である北条

そして翼の担当の編集龍之介がいた・・・

 

翼は玄関を開けたアシスタントを無視するかのように
お邪魔します

それだけ言ってどんどん仕事場に入って行く・・・

 

八神が翼が来たことに驚いているが・・・
桂木マサトは誰が来たのか目が見えないので確認できない・・・

 

 

そんな桂木に・・・
翼は・・・

 

なんだか随分小さくなったわね・・・それに・・老けた・・・

 

そうつぶやく・・・

それで桂木は娘が自分の所に来たことを悟り・・・
何しに来たのか・・・

そう尋ねる・・・

 

ペン入れをする

 

そう言う翼に
桂木は意味がわからない・・・

そう言うかの様に・・・

は?

 

と声を出して・・・

 

Sponsored Links



続きは2ぺージ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2020

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です