ヒットマン(漫画)126話最新話のネタバレ、あらすじと感想!

2021年2月10日発売の週刊少年マガジン11号を読みました!
瀬尾公治先生の漫画作品ヒットマンの最新話126話も読みましたので、
早速ネタバレ、あらすじと感想をお届けしたいと思います。

Sponsored Links



前回詳しくは

ヒットマンネタバレ

をご覧ください!

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

こちらを利用すればマガジンを無料で読むことも出来ます!
U-NEXTでヒットマン126話を含む週刊少年マガジン10号を無料で読む

ヒットマン(漫画)126話最新話のネタバレ、あらすじと感想!127話の考察も!



では、早速行ってみましょう!

ヒットマン(漫画)126話最新話のネタバレ、あらすじ

編集部には浅間はイライラとしながら龍之介との会議の話を思い出していた・・・

龍之介から翼を託された浅間・・・
お前は嫌いだが小鳥遊の才能を買ってくれていた・・・

だから浅間に翼を任せたい・・・
そう言う龍之介・・・

イライラが止まらない・・・

 

龍之介の真意・・・
それを聞いてもなお・・・
浅間は苛立ちを抑えられなくて・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

龍之介は荷物をもって空港にやってきていた・・・

もう担当していた作家には説明を済ませてある・・・

 

天谷は・・・

 

フランスに行く?

いきなり龍之介が講談社と業務提携関係にあるフランスの出版社に一年間行き
その後アメリカに渡る予定だという計画を聞かされて驚きの声を上げると同時に
焦りにも似た感情を露わにした。

 

龍之介はフランスで行われたジャパンエキスポで持ち込みの漫画を読んで
ジャンヌを発掘した。
世界にはもっと埋もれているけど途轍もない才能が眠っているかもしれない
そんな人達の助けになりたい。

そう担当作家に説明して周る。

理解を示してくれる天谷と春日

龍之介がいないと漫画が描けないと泣く島風・・・
そんな島風に龍之介は以前夏目に言われた・・・

自分が担当から外れる作家を選ばなければならなくなった時
自分がいなくても大丈夫だという作家を選べ

そう言われたことで
龍之介が思ったことは全員が大丈夫だといことだった・・・

 

ジャンヌにその意図を話した時に
ジャンヌは悟ったように語った・・・

龍之介がフランスで入院した時
一週間わざと連絡しなかったその意図・・・

それは担当作家たちは自分がいなくても本当に大丈夫なのか見定めるため・・・

 

その結果は全員上位を独占した。

 

みんな寂しそうに龍之介の決断に対して反応する。

翼は・・・
龍之介に
自分を日本一の作家にするというのは?
一緒に富士山を見ようという約束は?嘘だったの?

 

 

そう迫ってきたが・・・

Sponsored Links



 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です