女神のカフェテラス2話のネタバレと感想

2021年2月24日発売の週刊少年マガジン13号を読みました!
瀬尾公治先生の新連載漫画作品女神のカフェテラスの最新話2話も読みましたので、
早速ネタバレ、あらすじと感想をお届けしたいと思います。

Sponsored Links

前回詳しくは

ヒットマンネタバレ

をご覧ください!

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

>>>>>>漫画の最新刊も無料で読む方法

こちらを利用すればマガジンを無料で読むことも出来ます!
U-NEXTで女神のカフェテラス2話を含む週刊少年マガジン13号を無料で読む

女神のカフェテラス(漫画)2話最新話のネタバレ、あらすじと感想!

では、早速行ってみましょう!

 

女神のカフェテラス(漫画)2話のネタバレ、あらすじ

隼は困惑していた・・・
目の前には5人の女子。

その女子たち4人が・・・

嫌(桜花)
手荒れるしぃ(流星)
汚すの専門だから(秋水)
低血圧だし(紅葉)

と隼が提案した掃除を拒否してきて・・・

絶句する隼・・・
居候の分際で家事分担を拒否するとか・・・

なんなんだ?こいつら・・・

何も言えない・・・

というか・・・二の句が継げないとはこういう事か・・・

東大現役合格の頭脳を持つ隼は
ことわざの真理をこんなところで体験することになり・・・

 

なんとか家事の分担をしていきたい隼はここで引き下がるわけにはいかない。
だが・・・

 

以前は全部祖母がやってくれていたという秋水に・・・
またも絶句してしまう。

 

以前は毎日の食事、掃除洗濯もすべて祖母がやってくれていたという・・・

 

隼は睨みつけるように女子五人を見回すと
もしかして・・・祖母が急に亡くなったのは

 

こいつらが苦労を掛け過ぎたからじゃないのか?

 

そんな疑惑が隼の中で湧いて来ていて・・・

 

 

それを口に出して発言すると
焦ったように

 

そんなわけない・・・!

 

と言い始める女子たち。

 

しかし、焦りはするものの
一向に重い腰を上げそうにない女子たちを前に
隼はどうしようか・・・

思考を繰り返していると・・・

 

 

私やります

 

そう言って手を上げたのは
この5人の女子の中で一番大人しそうな白菊。

 

自分は料理とか家事が嫌いではない
だからやると申し出た白菊に・・・

 

視線を巡らせる。

 

申し訳なさそうな白菊。
少し困惑しているようにも見える。

 

隼は女子一同に向かって

自分は不公平は嫌い。
だが空気を読んで善人ぶるやつはもっと嫌い。
一番嫌いなのは
気の弱そうなやつに全てを押し付けて楽をしようとする奴らだが・・・

 

そう一同に言ってのける。
白菊は空気を読んで自分がやれば・・・
そう言ってきているのは明白。
それに便乗しようとする他の4人をけん制する意味での発言だった。

 

 

 

黙り込んで隼をみつめる白菊。
桜花は焦ったようにやらないとは言ってない!

そう隼に言ってきていて・・・

Sponsored Links

 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です