オリエント(漫画)118話最新話のネタバレ、あらすじと感想!119話考察も!小次郎の父の正体は?

2021年6月9日発売の別冊少年マガジン7月号を読みました!
オリエント最新話118話黒曜石の八人も読みましたので、早速ネタバレ、あらすじ感想をお届けしたいと思います。

Sponsored Links

前回詳しくは
オリエント117話ネタバレ

をご覧ください
これからネタバレが始まります。

その前に

無料で漫画を読む方法も紹介しています。ご確認ください!

オリエントを全巻無料で読めるか調査

こちらを利用すれば手早く漫画を無料で読むことも出来ます!
U-NEXTで好きな漫画を無料で読む

オリエント(漫画)118話最新話のネタバレ、あらすじと感想!119話考察も!

では、早速行ってみましょう!

 

オリエント(漫画)118話最新話のネタバレ、あらすじ

朝・・黒曜石の八人は目覚めると集まってくる。
その和気あいあいとした雰囲気はとてもではないが
日ノ本を滅ぼそうとしている集団には見えない。

そんな集団が
麻袋を被せられたまま物言わぬ新入りの元に集まってきて・・・
黒曜石の一人
女がこの新人はダメそうか?
そう問いかけると

若い男は
俺に任せろ

そうニヤリと笑ってそう言った・・・

 

麻袋を被せられた勝巳は
何も言わずにその場にいるだけで・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

着替えを済ませた黒曜石の八人たち

黒曜石の八人の使命といえば
黒曜の女神の器を捕まえること・・・だが・・・

五万里と言われた女性は
それはもう難しいだろう
そう言った。

五傑将の手に落ちた黒曜の女神の器。
五傑将の中には
瞬間的に移動できる四朗の能力を察知できる能力者がいる。
もう奇襲は難しい。

 

黒曜石の八人のもう一つの仕事は鬼神の警護。

新しい鉱山で鬼神の食事を助けることも任務の内だが・・・
どうやら黒曜石の八人のリーダーは新しい作戦を開始しようとしていて・・・

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

一方五傑将会議では

白色の刀輪を持つ獅子門と
小次郎の父親が会ったことがあると話題になっていた。

ついに明かされる・・・
小次郎の父の事。
武蔵と小次郎は
獅子門の次の言葉をじっと待つ。

 

獅子門は自分が出会った武士の名を
富田勢源という名だと語った。

 

富田勢源?

小次郎と武蔵は全くその名に心当たりはなく・・・
小次郎は自分の父の名が出なかったことに困惑を隠せない。

だが・・・武蔵と小次郎が周りを見回してみると
五傑将は面食らった顔をしていた。
呆気にとられた・・・
そんな顔・・・

小次郎がその顔の理由
富田勢源について聞くと

英雄だ

 

上杉竜臣はそう告げた。

 

15年前の事

五傑将はある鬼神の討伐に出ていた。
しかしその鬼神の強さの前に全軍が全滅寸前になるという事態にまで発展してしまった。
そこに現れたのが富田勢源。

たった一人で敵をなぎ倒し五傑将たちを救った英雄だという・・・

Sponsored Links

 

続きは2ページ目で

Digiprove sealCopyright secured by Digiprove © 2021

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です