はざまのコドモのネタバレ、あらすじ感想!家庭崩壊で離婚?


沖田×華さんの「はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児」という漫画が大変話題になっていますね。

沖田先生ご自身もアスペルガーなどの発達障害を持つ作家さんなんだそうですが、今回はアシスタントも務められていた君さんという方の体験を元に描かれた作品だそうです。

まだ世間にも十分な理解が得られていない発達障害・・・

ネタバレの前に先ずは試し読みをおススメします。

「はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児」で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児を読む

今回ははざまのコドモのネタバレ、あらすじ感想についてご紹介していきます。

はざまのコドモのネタバレ、あらすじ感想!

お話の内容はアシスタントの君さんの息子ヨシ君についての実話です。

20年前のお話の様ですが、旦那さんと巡り合い子供を授かった君さん・・・

ご主人は君さんに何気なく

「もし子供が障害を持っていたらどうする?」と聞きます。

「障害があっても問題なく愛せるよ!だって私達の子供だよ」

本当にそう思っていた君さん・・・

本当に望まれて生まれてきたヨシ君は1996年9月11日に誕生しました。

まだ世間ではアスペルガーや発達障害なんて言葉も全く聞かない時代です。

生まれてすぐ、病院のベットにいるころから、他の子供たちと明らかに違うヨシ君。全く落ち着かず、誕生から半年たっても常に泣きわめくというとても手のかかる赤ちゃんでした。

ですが君さんはまだその時点では手のかかる子だとしか思っていません。

しかし昼夜問わず泣くヨシ君に次第に住んでいたアパートの住人からも苦情が入る様になり、マンションに引っ越すことになります。

環境が変わればきっとヨシ君もおとなしくなってくれるかもしれない・・・

そんな思いを抱いてマンションに引っ越す君さん夫妻ですが、ヨシ君の泣きわめきは全く改善されませんでした。

マンションも購入し、夫婦でバリバリ働きたい君さん達ですが、手のかかるヨシ君に仕事の寝不足も重なり次第に疲弊していきます。

「とーたん、かーたん」

ふらふらのご夫妻を呼ぶヨシ君・・・

「いいよ、ほっといて寝よう。きっと暗くすれば寝てくれるよ」

爆睡してしまう君さん夫妻・・・

「あっべー」

「・・・」

ガッシャーン

家電を破壊しだすヨシ君・・・

Σ ゚ロ゚≡(   ノ)ノ エェェ!?

「はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児」で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児を読む


 

感想

ヨシ君がお生まれになったのは1996年ですから、本当にいまほど発達障害への理解もなく、大変な時期だったと思います。

泣きやまないヨシ君に周囲は

虐待してるんじゃないか・・・?

しつけがなってない!

甘やかしすぎ!

ワザとやってる?嫌がらせ?

母親失格!

なんいて言葉も投げかけられたりしたそうです。

確かに近所で常に赤子が泣いている声が聞こえたら、もしかしたら児童相談所とかに連絡されたりするかもしれないですね。

このときは、すでに夫婦はすでにボロボロ・・・

ふらふらの状態で訪ねてきた児童施設の職員に対応しなければなりません。

少しでも休みたいのに、こんな職員の対応に時間を割くくらいなら、少しでも寝たい・・・

そんな思考から職員への対応に棘が混ざり、職員の誤解を招きかねず・・・

近隣住民からは虐待夫婦と噂が広がる・・・

針の筵で子育てをしなければならない状況だったかもしれません。

大変な育児、周囲の理解の無さ・・・

ご夫妻の大変さは想像に難くないですよね。

実際、こういう状況に陥ってしまい、夫婦仲も冷め、離婚に陥る方々もいらっしゃるそうです。

離婚だけならまだしも(よくないですが)、子供をどちらが引き取るかでモメ、引き取られても愛されない子供になってしまう可能性もあるそうです。

子供だって知的障害をもって生まれてきたかったわけではありません。しかし、現在社会に中々受け入れの体制が整っていないのが現状で、

発達障害だと思われていても、

IQが75以下でないと療育手帳を受け取ることができないそうです。

その手帳がないと特別指定の学校に行くことができません。

このIQ75以下というのもまたあいまいな基準ですよね。

IQは75以上あっても、日常生活において困難があれば受け取れる様な仕組みがないと今後どんどん発達障害に苦しむ親子が増えることになるかもしれません。

現に漫画でもご夫婦は疲弊してボロボロになっています。

まだ精神的に若い世代のご夫婦であれば、この後離婚に至ったとしても全く不思議ではありあません。

発達障害の育児は家族関係にまで深い溝を作ることになりかねず、家族が崩壊してしまう家庭が増えれば深刻な問題に発展していくことも懸念されます。

発達障害児本人にしても、学校に行けば周囲についていけない学力、他の児童の親からの敬遠など様々な困難に悩まされる事は間違いないと思います。

難しい問題ですが、周囲の理解や社会の制度。整えなければならない問題が多くなるなと思わせてくれる漫画でした。

ぜひ読んでみてください

「はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児」で検索

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
はざまのコドモ 息子は知的ボーダーで発達障害児を読む


 

以上「はざまのコドモのネタバレ、あらすじ感想!家庭崩壊で離婚?」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です