アイシテル~絆~(漫画)のネタバレと結末!感想と試し読みも


「裕二!ごめん!ごめんよ裕二」

裕二を抱きしめて泣く兄・・・

裕二はこのとき、なぜ兄が謝るのかわかりませんでした。

 

深夜、母と兄がなにやら相談している声が聞こえます。

その声が嫌に怖く聞こえる裕二・・・

結局裕二は引っ越しをして、母の旧姓を名乗って生活することになります。

 

ですが、新しい引っ越し先・・・そこに兄の姿はありませんでした・・・・

それでも月日は流れていきます。

そんな兄がいなくなって裕二が中学3年になった頃、ついに裕二にも兄の真実が露見してしまいます。

学校で話題になった裏サイト・・・そこに裕二の兄のことが投稿され、裕二は学校で再び避けられるように・・・

 

真実を知った裕二は、兄を憎むようになってしまいます。

優しかった兄・・・でも兄は、自分から逃げたんだと・・・

そして裕二は真実を隠していた母も憎むようになってしまいます。

高校生になった裕二。しかし、周囲に馴染むようなことはせず、孤独に生きていこうとする裕二ですが、アリサという女の子が裕二に好意を示してきます。

最初は拒絶するも、次第に惹かれ初め、少しづつ前向きになり始めた時、アリサにも兄の件が露見してしまいます。

結局関係は終わってしまった裕二とアリサ。

 

やりきれない思い・・・裕二はついに母に

「なぜ俺を産んだ」

と問いかけてしまいます。

 

何も知らない所で自分は犯罪者の弟とみられていたこと・・・自分には誰も近寄っては来ない・・・孤独に生きる絶望感

裕二は周囲の人と関わらない様に生きていくようになります。

美大に進学した裕二・・・そこで裕二の過去を知っても去っていかない友人に出会うことが出来ました。

次第にまた人のぬくもりに癒されていく裕二。ですが知ってしまいます。

その友人も実は心の奥では裕二を見下さいていたことを・・・

 

裕二は一年で大学を退学してしまいます。

その後フリーターとしてスーパーで働いていた時、吸い寄せられるように小さな個展に入り、その中で

キャンパスに描かれた母子の絵画に涙した裕二。

みんなが暖かいと称するその作品を裕二は

悲しそうだと感じます。

 

その絵を描いたのは綿あめの様なフワフワな髪をした加奈という女性でした。

個展を主催していた加奈の祖父の猛烈な後押しもあり、裕二はその加奈と祖父の工房で働くことになります。

 

その工房で働くうちに、加奈の腕には切り傷が無数にあることに気が付く裕二。そこで初めて加奈の過去、そして加奈が受けた心の傷について知ることになります。

 

その加奈の心の傷を知って、より親密になっていく裕二と加奈。しかし、裕二は自分の兄のことで迷惑をかけまいと工房を後にしようとしますが、そんな事意にもかけない加奈とその祖父。

裕二のすべてを受け入れてくれる加奈。ついに二人は結婚することになります。

 

愛する人と幸せな日々を過ごすうちに、裕二も少しづつ穏やかな心を取り戻していきます。そんなある日、

加奈に新たな命が芽生えたことを知る裕二。

しかし、二人は相談して選択子無しにしているはずでした・・・

 

アイシテル~絆~結末は?

動揺する裕二・・・

加奈には言ってはいけない

「産まないでくれ」

という言葉を発してしまいます。

 

そのまま出ていく加奈・・・

 

もうこの関係も終わりなのか・・・そう思った矢先、加奈が帰宅し

「順調だって」

とエコー写真を撮ってきたことを話します。

やはり子供に自分が経験してきた辛い思いをさせたくない裕二・・・しかし、加奈は

「いまでも生まれてこなければよかったと思ってる?」と問いかけます。

 

加奈と幸せな家庭を築いていけている今、裕二は生まれてきて良かったと思っていることに気付きます。

 

そして、生まれてくる子と加奈を愛情を注いで守っていこうと決心し、高校生の時に母に言ってしまった「なぜ俺を産んだ」という言葉を謝罪し、

「産んでくれてありがとう」

と告げるのでした。

子供が生まれると、だんだんと兄が優しかった幼き日のことを思い出すことが多くなってきた裕二。

 

自分に兄はいない・・・そう思い続け仕事にまい進する裕二は身体を壊してしまいます。

加奈は気が付いていました。裕二が兄の呪縛に捕らわれていることに・・・

「兄に会って来い」

と裕二を送り出す加奈。

 

兄は裕二の家のすぐ近くのアパートに暮らしていました。

ずっと恨み続けていた兄を目の前にして、今までのさまざまな感情に揺さぶられる裕二。それを兄にぶつけ決別しようとする裕二でしたが、

最後に残ったものは兄に愛されていたという記憶。

冷たく突き放して裕二と決別しようとしている兄を抱きしめ、兄に愛されていたことを悟った裕二。兄の裕一もまた、裕二の迷惑にならないようにそっと影の様に生きていました。

しかし、どうしても裕二に近づいてしまった裕一。

 

そんな兄を家族の元に連れていき

「兄だ」

と紹介する裕二。

その晩、一緒に眠る兄弟でしたが、兄が未だに

「ごめんなさい」と過去の事件の夢を見ることを知ってしまった裕二。

そんな兄に

「一緒に生きていこう」

と告げる裕二ですが、翌朝起きると兄はもうすでに去った後でした。

急いで兄のアパートに向かう裕二。ですがそこで見たものは・・・

本当の結末はご自身で確かめてみてください。

最近話題のビデオオンデマンドサイトU―NEXTというサイトを利用するとほぼ無料で読むことができます。

現在U―NEXTは無料のトライアル期間を設けており、登録するとポイント600ポイントを貰うことができます。
それを使う事で漫画を一冊を無料で読むことが出来るんです。

U―NEXT月額1990円かかりますが、31日間のトライアル期間に退会してしまえば請求されることはありません。

U―NEXTに登録して、タダで読んだ後、12万本の映画やドラマやアニメなどを楽しんでから31日間ギリギリで退会すれば無料なので全くお金がかかりません。

漫画一冊実質タダで読めるサイトU―NEXT
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
⇒⇒無料で試してみる
本ページの情報は2018年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。

感想

アイシテル~海洋~もかなり心にくるお話しでしたが、

続編となる今回のアイシテル~絆~も涙なしでは読めない作品でしたね。

兄が大好きな裕二、ですが兄は過去に罪を犯していてそれが原因で壮絶な体験をすることに・・・

兄を恨んで過ごす青春時代・・・

やっと幸せを手に入れて、そしてそれでも付きまとう兄の悪夢。

でも兄が自分の注いでくれた愛情は本物で、そこに疑いようもない・・・

裕二の人生の葛藤は想像を絶するものがありますよね。

 

言い換えてしまえば、裕一も母の犠牲者という側面があるのも事実。

身勝手な母が過去の裕一を作り出し、裕二の存在が裕一達家族を繋いでいたものの、裕一の過去のせいで再び崩壊してしまう家族。

家族って本当に難しいな・・・と思う反面、やっぱり最後に残るのは愛情なんだと思わせてくれる作品でもありました。

ラストの兄弟の邂逅・・・

涙なしでは読めません。
最近話題のビデオオンデマンドサイトU―NEXTというサイトを利用するとほぼ無料で読むことができます。

現在U―NEXTは無料のトライアル期間を設けており、登録するとポイント600ポイントを貰うことができます。
それを使う事で漫画を一冊を無料で読むことが出来るんです。

U―NEXT月額1990円かかりますが、31日間のトライアル期間に退会してしまえば請求されることはありません。

U―NEXTに登録して、タダで読んだ後、12万本の映画やドラマやアニメなどを楽しんでから31日間ギリギリで退会すれば無料なので全くお金がかかりません。

漫画一冊実質タダで読めるサイトU―NEXT
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
⇒⇒無料で試してみる
本ページの情報は2018年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。
おススメです。ぜひ読んでみてください。

以上「アイシテル~絆~(漫画)のネタバレと結末!感想と試し読みも」の記事でした。最後まで読んでいただいてありがとうございました!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です