レンタル家族 親に売られた子供の1話の結末(ラスト)は?



藤井三和子先生の「レンタル家族」という作品を読みました。

兄弟で親の借金のために家族として過ごすサービス会社に売られた兄弟悠と智也・・・

その兄弟が訪れた家の老人は、本当の孫に会いたいがために息子に連絡するも、

送られてきたのは優と智也の兄弟でした。

絶望する老人・・・

そんな老人と触れ合う兄弟・・・次第に心を開き始めた老人は・・・

ラストについてネタバレしていきますが、その前に無料の試し読みで予習しておいてくださいね!

最近話題のビデオオンデマンドサイトU―NEXTというサイトを利用するとほぼ無料で読むことができます。

現在U―NEXTは無料のトライアル期間を設けており、登録するとポイント600ポイントを貰うことができます。
それを使う事で漫画を一冊を無料で読むことが出来るんです。

U―NEXT月額1990円かかりますが、31日間のトライアル期間に退会してしまえば請求されることはありません。

U―NEXTに登録して、タダで読んだ後、12万本の映画やドラマやアニメなどを楽しんでから31日間ギリギリで退会すれば無料なので全くお金がかかりません。

漫画一冊実質タダで読めるサイトU―NEXT
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
⇒⇒無料で試してみる
本ページの情報は2018年4月時点のものです。最新の配信状況は U-NEXT
サイトにてご確認ください。

人物紹介


悠と智也

親の借金でレンタル家族のサービス会社<スイートホームサービス>に売られた兄弟。

しっかり者の兄悠とまだ甘えんぼながらも人の痛みを感じ取る弟の智也

二人は親の800万という借金返済の為に<スイートホームサービス>に売られましたが、いつの日か、親が借金を返済して迎えに来てれる日を待っています。

 

佐山老人

息子に孫に会わせてほしいと連絡した老人。若いころは妻や息子ないがしろに好き勝手に生きてきたため、息子に恨まれており、

全く会っていなかった息子に子供が出来たことを知り、会いたいと連絡するも、恨んでいた息子は会わせるはずもなくレンタル家族サービスで悠と智也を送り付けた。

最初、孫に会えない事を絶望していた佐山老人・・・家族なんていらないと言っていましたが、悠と智也と過ごすうちに家族の温かみに癒されていくことを自覚していきます。

そして悠と智也の親の借金を変わりに自分が払う二人に申し出ますが・・・

 

木田

レンタル家族のサービス会社<スイートホームサービス>の男。

まだ何者なのかはっきり明かされていません。


では
2ページ目で結末のネタバレいってみましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です