楽天マガジンの解約方法はこちら!無料期間や年間プランの途中解約も解説します!退会後に雑誌は読めるのか?

31日間の無料お試し期間があって
さらにさまざまなジャンルの雑誌が読み放題というサービスの楽天マガジン。

ですが、試しに色々読んでみたもののあんまり読みたい雑誌がなかった・・・
ちょっと合わないサービスだなと感じたら・・・どうしよう・・・
やはり解約の方法は知っておかないと不安ですよね。

 

「退会手続きが複雑で、解約できずに次の課金されてしまった!」
「実は解約するのに手数料がいるの?」

なんてトラブルがあったりするのがこういうサービスにはつきもの。

そんな解約トラブルに見舞われる前に
きちんと解約方法も確認しておいたほうがいいですよ^^
大丈夫です。
楽天マガジンの解約方法はシンプルで簡単!誰でもできちゃいます。
時間も5分もかからず出来てしまうし、手数料もかかりません!

 

解約画面がどこにあるかもわからないなんて複雑なつくりになっていませんし
複雑な契約で解約がしにくいなんてこともないです。

 

雑誌読み放題サービスを使うのが初めての人も、安心して利用できます。

では早速いってみましょう!

 

楽天マガジンを解約するまでの3つの流れ

楽天マガジンの解約方法は、簡単3ステップで完了です。

公式サイトにログイン
解約ページへ進み
最終確認ページで解約手続きを確定するだけ

たったこれだけです。
ほんとに3ステップ!
この解約の流れは、無料お試し期間中の退会でも、有料課金プラン(月額or年額)利用中での退会でも同じです。
どのタイミングで解約しても手数料は発生しません。

アプリを削除しただけで解約したことになると勘違いする人がいますが
アプリを削除しただけでは解約したことになりませんのでご注意ください。

 

【1】契約内容変更ページへ

まずここで重要なのは
アプリでは解約の手続きができないということです。
アプリで解約の手続きをしようとして

 

できない!

 

となる方が多くおられますが、
まずはインターネットのブラウザから楽天マガジンの契約内容のページにアクセスしてください。

 

楽天マガジン契約内容変更

 

楽天マガジンの契約をしている楽天アカウントIDとパスワードを入力してください。

ログインしたら、右上のメニューボタンを開き

「ご契約内容の確認・変更」ページに進んでください。

【2】解約手続きページへ

「ご契約内容の確認・変更」のページには、契約内容や利用明細などが載っていますが解約する場合はそれらをスルーしてどんどん下へスクロールしていってください。

解約の前に・・・という解約を翻意するべく色々な誘惑をしてきますが、、解約をしたい場合はスルーしましょう。下にどんどんスクロール!

下までくると「解約処理に進む」ボタンがあるのでタップして次へ進みます。

 

【3】最終確認ページで解約手続きを確定

 

あとはページの下の方にある「解約を完了する」ボタンをタップするだけ!

これで解約手続きは終わりです。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

退会手続きが完了すると「解約手続き完了メール」が届くので、確認しておきましょう。

解約後も雑誌は読める?途中解約したらどうなるの?

楽天マガジンの解約手続きをしたあとも雑誌が読めるかどうかは、利用中のプランによって状況が違います。

無料お試し期間中に解約するとすぐに雑誌は読めなくなる

31日間の無料おためし期間中に解約をする場合、解約手続きが終わった瞬間から雑誌は読めなくなってしまいます。

スマホやタブレットにダウンロードしている雑誌も、解約と同時にデータが削除されることになります。

無料期間だけの使用を念頭に置いている方は
いつまでが無料期間でいつからが有料に切り替わるのかきちんと把握しておくようにしましょう!

うっかり解約手続きを忘れてしまうと、無料期間の終了と同時に最初の課金が行われてしまいます。

無料期間がいつまでかは、楽天マガジンのマイページでいつでも確認することができますので確認しておくといいでしょう。

有料プランは契約期間が終わるまで雑誌が読める

有料プランの契約をしている方が途中解約した場合、課金済みの期間は解約後でも読み放題が継続します。

 

楽天マガジンの料金プランは「先払い」となっているので、課金が発生した時点で次の請求日の前日までの利用料を支払っていることになります。
なのですぐにやめたい場合などでも契約月の途中で解約した場合の日割り返金には対応していません。

ですがその代わりと言っては何ですが、解約手続きが完了した後もすでに支払っている期間いっぱいまでは引き続き楽天マガジンで雑誌を読むことができます。

 

有料プランの解約は「早め」がおすすめ

楽天マガジンの有料プランは自動更新制となっています。
解約の手続きを自分で行わない限り、毎月(または年額プランの場合は毎年)自動的に契約が更新され、課金されていきます。

「次の課金の前、ギリギリで解約するようにしよう」と思っていると、解約日を間違えたり忘れてしまったりなどで、「止めるつもりだったのに、また課金されてしまった・・・」なんてことにもなりかねません。

解約すると決めた場合は、思い立ったときすぐに手続きしておいた方が安心です。
課金された期間は解約しても読むことが出来るのですから・・・

 

解約後に再入会したい場合はどうなる?>

楽天マガジンを解約したものの、やっぱりまた使いたいな、と思った場合は、またいつでも再入会は可能となっています。

ただし・・・
無料お試しは適用外!有料プランでの契約になります。

31日間無料お試しは、あくまでトライアル・・・使った事がない人にどういったものが使ってもらうためのものなので、入会するたびに最初の31日が無料になるということはありません。

 

利用データが保存されているから便利

楽天マガジンでは、サービスを解約した後もしばらくの間は利用データが保存されています。

以前と同じアカウントで楽天マガジンに再入会すれば、お気に入り登録した雑誌や閲覧履歴などの利用データを復活させることができるので、再設定し直す手間が省けます。

まとめ

楽天マガジンの解約方法は、たったの3ステップで数分で完了するくらい簡単です。
解約手数料なども一切かかりません。

★楽天マガジンの雑誌読み放題サービスは自動更新制です。次回請求日の前日までに解約手続きをしなかった場合、翌月も自動的にサービスが継続され、課金されます。

アプリを削除(アンインストール)しただけでは解約したことにならないので、
楽天マガジンを退会し次月以降課金されないようにするには、アプリを削除するだけでなく、ウェブでアクセスしてマイページから解約手続きをする必要があります。

★有料会員の場合は、解約手続きをした後も課金した契約期間終了までは引き続き雑誌を楽しむことができます。

楽天マガジンは、いつ、どのプランを利用している人が解約しても損をする心配のないシステムです。
雑誌を購入するよりも金銭的に圧倒的にお得なので

これから楽天マガジンを初めて使ってみようかな?という人も、安心して使ってみてください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。